(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5.7【連日の急落】

2010/05/07 11:23|未分類CM:2
アメリカオワタ
昨日ふと見たらとんでもないことになってた
2年前の-777ドルを思い出して
完全に金融市場オワタと思った
次の瞬間500ドル上にワープしたが
???と思ったらどうやらシティグループが誤発注とか
ミリオンとビリオン間違って1000倍もの株を売ったとか
取引の一部を取り消しだと
なんじゃそりゃ
誤発注でも取り消しはいかんだろ
リスクをとって買ったやつが馬鹿を見ちゃいかんだろ

とりあえず昨日逃げといて良かった
持ち越しはルックこれ地合が悪いほど上がるだろうと
引けで買ったんだけどGD
下で買って上で利確してたんだけど
すぐ下がるから下がるたびに買い増しして
144まで買い下がり152で利確
閑散になりすぎだ
あとは持ち越しはスミダ
買い増ししたけど逆指値かかっちゃった
でユニチャーム寄り買い
Uアローズも買う予定だったのに寄り高くてパスしたら普通に上昇した
あとはどれもボリンジャー-2σぶっこ抜いてる状態
先物なんか-3σ-4σあたりまで下げてる
-2σまでしか表示されてないんで見てないけど
んなこんなで商社の安いところを拾って放置

後場
誤発注って伝わったのか
後場はGUから上昇
ただ引けにかけて手仕舞い売り
まあ持ち越しづらいよね

ミャンコが持ってた三菱商事
場中決算だったのか
なんか逆指値引っ掛けられた
こんな安いんだから
決算くらい織り込んどけよ


[株式オープニングコメント]
ギャップダウン後はリバウンドをうかがう場面も
 米国市場の後場の急落については誤発注が指摘されているほか、米ナスダックは午
後2時40分時点かその直前の株価に比べて値動きが上下60%を超えるすべての取引を
無効にすると発表している。これによりシカゴ先物安値(円建て 9660円)は幻とな
ろうが、それでも大証との500円程度の価格差によって幅広い銘柄が売り気配からの
スタートとなろう。特に円相場はドルが一時90円ちょうど、ユーロは一時112円台ま
で円高が進行した影響もあり、輸出関連への業績への懸念が強まりそうである。

 ただ、連休明けだったこと、週末の米雇用統計を控えていたこともあり、積極的な
商いは手控えられていた。そのため、ギャップダウンによるシステムトレードが一巡
した後は、下げ渋りからリバウンドをうかがう場面もあろう。また、昨日の東証1部
の売買代金は3月以来の2兆円を超えていたが、海外勢の売りに対して、下値での国内
機関投資家による買いとの見方もされていた。日経平均は一気に3月からの上昇分を
帳消しにする格好となろうが、それ故に仕切り直しとの見方も出てきそうである。

 ユーロへの不安については反対に、ユーロから引き揚げた資金が日本など他の先進
国に流入するとの見方もあり、下支え要因となる。また、米雇用統計については、
ADP雇用統計を見る限りでは雇用者数の増加が見込まれており、週明けの支援材料と
なる可能性はありそうだ。業績好調が確認された銘柄への物色は続きそうであり、短
期資金の逃げ足の速さによって乱高下をみせたとしても、押し目買い姿勢となろう。

 なお、6日のNY市場はダウ平均は347.80ドル安の10520.32、ナスダックは82.65ポ
イント安の2319.64。シカゴ225先物清算値はドル建てが大証比485円安の10195円、円
建ては同505円安の10175円。ADRの日本株はトヨタ、NTTドコモ、ホンダ、任天
堂、三井住友、三井物、野村HD、コマツ、京セラ、日電産、ニコン、オリックスな
ど対東証比較(1ドル90.79円換算)で大幅下落だった。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・NY金大幅続伸、安全資産として買いが膨らむ
・LMEニッケル先物、小幅反発
・バルチック海運指数、上昇
・米失業保険申請件数、前回から減少
・主要142社、夏ボーナス2年ぶり増

弱気材料
・NYダウ大幅続落、ギリシャ情勢悪化を受け
・半導体株SOX指数、大幅続落
・欧州株全面安、ギリシャ問題が懸念材料となり全面安
・NYドル円相場、円高進行(90円34銭-36銭)
・ユーロ円相場、円高進行(114円00銭-05銭)
・VIX指数、30%超上昇し09年5月以来の高水準
・東証REIT指数、反落

留意事項
・NYダウ急落、システム取引や誤発注が影響との指摘
・米ナスダック、昨日の値動きが60%を超える一部取引を無効に
・英総選挙、「ハング・パーラメント」になる可能性
・欧州中銀、政策金利を据え置き
・鉄鋼輸出量、中韓向け好調で過去最高に
・4月国内新車販売24%増
・NY原油先物、大幅続落(1バレル=77.11ドル)
・NY債券市場、続伸(10年債利回り0.143%下落)
・長期金利、下落(10年債利回り1.270%)
・DRAMスポット、変わらず
・4月マネタリーベース
・東芝、パナソニック、三菱商、三井物など決算発表
・仏3月貿易収支
・独3月鉱工業生産
・米4月雇用統計
・英中銀金融政策委員会(10日まで)


[サポート&レジスタンス]
終値            10696
5日移動平均        11011
標準偏差+2σ       11428
25日移動平均       11112
基準線           11045
転換線           10948
レジスタンス(2)     10907
レジスタンス(1)     10802
標準偏差-2σ       10797
ピボット          10742
先行スパンA        10699
サポート(1)       10636
100日移動平均      10597
サポート(2)       10577
先行スパンB        10434
200日移動平均      10312

[ランチタイムコメント]
ボトム形成から押し目買いの動きも
 米国株は大幅続落。400.06円安の10295.63円(出来高概算14億6000万株)で前場の
取引を終えている。ギリシャ財政危機への懸念を背景とした米国市場の急落、円相場
の急騰を受けて、東証1部の騰落銘柄は値上り数が35(値下り1629、変わらず12)に
とどまる全面安となった。米国市場の後場の急落については、誤発注の影響もあって
シカゴ先物にさや寄せするまでにはなかったが、それでも日経平均は3月からの上昇
分を帳消しにしている。
 セクターでは為替の影響から輸出関連が大きく下げる一方、内需・ディフェンシブ
系の下げ幅は限定的。また、新日鉄がプラスに転じたこともあり、鉄鋼の下げ幅は小
さい。

 外部環境の不透明感や週末要因もあって押し目買いも入れ難いところではある。た
だ、円相場はドル/円が朝方の90円ちょうどから92円台に戻しているほか、ユーロ/円
についても112円から116円後半まで切り返してきており、輸出関連などが下げ幅を縮
めてくる可能性はありそうだ。日経平均に対するインパクトも大きく、真空地帯に近
い状態でもあるため、値がさハイテク株などの動向が注目される。
 また、業種では鉄鋼の下げ幅が小さい。新日鉄がプラスに転じているが、2月安値
とのボトム形成が押し目買いのタイミングと意識されるのであれば、直近で調整のき
つかった銘柄への刺激になろう。そのほか、ツガミがプラスに転じたほか、黒崎播磨
も下げ幅を縮めるなど、材料株の中核的な銘柄の切り返しも目立ってきている。日経
平均は一気に3月からの上昇分を帳消しているが、それ故に仕切り直しとの見方も出
てきそうである。海外勢の売りに対して、下値での国内機関投資家による買いとの見
方もある。
 そのほか、今晩の米雇用統計については、ADP雇用統計を見る限りでは雇用者数の
増加が見込まれており、週明けの支援材料となる可能性はある。業績好調が確認され
た銘柄への物色は続きそうであり、短期資金の逃げ足の速さによって乱高下をみせた
としても、押し目買い姿勢となろう。

[クロージング]
連日の急落
5月7日の日経平均株価は大幅続落。欧州信用不安に端を発した金融市場の混乱を受
け、日本株市場は序盤から全面安となった。日経平均株価の下げ幅は一時約440円に
達する場面もあった。ただ、日銀が2兆円の緊急資金供給を実施したことに伴い円高
が一服すると、ジリジリと下げ幅を縮小させる場面もみられた。もっとも、欧州信用
不安の動向や米4月雇用統計の結果を見極めたいとの空気は根強く、大引けにかけて
は次第に模様眺め気分を強める展開となった。大引け概算の日経平均株価は前日比
331.10円安の10364.59円。東証1部市場の売買高は31億1562万株、売買代金は2兆
2597.69億円。騰落銘柄数は値上がり91、値下がり1568、変わらず17。
業種別では電気機器、精密機器、その他金融、その他製品、不動産業などが下落。個
別では河合楽<7952>、新日鐵<5401>、伊藤忠<8001>などが上昇。一方、ファナック
<6954>、三井住友<8316>、キヤノン<7751>、ファストリ<9983>、三菱UFJ<8306>、シ
ャープ<6753>などが下落。

[動いた株・出来た株]

*フタバ産業<7241> 798 +52
前期営業損益は15億円の赤字予想から30億円の黒字に。

*黒田電気<7517> 1455 +59
場中に決算発表、今期は3割超の営業増益見通しとしており。

*ランドビジネス<8944> 21680 +670
30日の決算を受けて、大和が「1」継続としたことを評価材料視。

*兼松日産<7961> 166 +5
前日に業績上方修正、最終損益は赤字予想からトントンへ。

*ホシザキ<6465> 1407 +36
CSでは新規に「アウトP」、目標株価を1800円としている。

*東京個別<4745> 198 +5
昨日から自己株式の取得期間入りとなっているが。

*リンナイ<5947> 4580 +90
目先の下げ達成感からショートカバーの動きにも。

*新日本建設<1879> 228 -45
短期的な過熱警戒感強まり、短期資金の利食い優勢に。

*ルック<8029> 145 -16
前日賑わう展開も長い上ひげを残しており。

*OM製<6213> 322 -33
場中に決算発表、今期の大幅減益見通しに失望売り。

*ミサワ<1722> 441 -39
昨日急騰の反動、上値でしこり残し。

*神栄<3004> 149 -13
株価下落が短期資金の処分売りを誘う格好にも。



(前場)
*河合楽器<7952> 198 +16
前日に業績上方修正、第3四半期続く増額修正を好感で。

*Uアローズ<7606> 1272 +96
引け後の月次動向発表に対する期待感など先行か。

*富士通ゼネラル<6755> 506 +15
ギリシャ懸念強まるなか異彩高、直近で貸株残急増から買い戻しか。

*シークス<7613> 1165 +25
場中に上方修正、上半期営業益は15.1億円から22.3億円に。

*ツガミ<6101> 559 +11
物色に手詰まり感強まるなか、調整一巡感強い同社などに再度関心向かう。

*クレハ<4023> 461 +8
連日の株価下落で押し目買い、特に目立った材料観測されず。

*新電元工業<6844> 346 +6
引き続き、連休前に発表の上方修正を評価で。

*フージャース<8907> 18640 +310
前期最終利益は7.6億円から12.1億円に上方修正。

*三井金属鉱業<5706> 255 +4
前日に決算発表、前期の上ぶれ着地などで警戒感も後退へ。

*あみやき亭<2753> 242000 +3700
順調な既存店動向など評価の動きにも。

*岩井証券<8707> 674 +8
急騰後の調整もマド埋め完了で一巡感、自律反発狙いに。

*新日本製鉄<5401> 327 +3
2月安値水準までの調整から値頃感なども強まり。

*ゼクス<8913> 386 -73
中国北京市第1号プロジェクト参画取り止めで。

*住軽金<5738> 89 -9
全体相場の先行き不透明感から低位株には処分売りが優勢で。

*セキュアード<2392> 91200 -8800
信用リスクが全般高まるなか、中小型不動産株手掛けにくく。

*日本スピンドル<6242> 152 -14
相場環境の悪化で個人の手仕舞い売り集中か。

*石原産業<4028> 77 -7
本業ベースの上方修正に対しても前日は反応乏しく。

*GSIクレオス<8101> 123 -11
地合い悪化で個人の処分売りかさむ、信用取組動向も悪く。

*くらコーポ<2695> 1513 -135
2日発表した4月の月次速報などをマイナス視も。

*ラサ工業<4022> 101 -9
連休前に発表した業績下方修正など改めて嫌気も。

*アサックス<8772> 103500 -9200
決算発表後の株価急伸の反動なども加わり。

*みずほFG<8411> 169 -5
決算発表接近でファイナンスリスクなど改めて台頭へ。

*日立製<6501> 386 -18
主力株の中では強い動き続いており、利食い売りの対象にも。

*三菱UFJ<8306> 460 -12
欧州財政懸念の流れが銀行株には強く影響で。

*東芝<6502> 506 -21
本日決算発表予定も、その後の出尽くし感など警戒で。

*野村HLDG<8604> 602 -22
日経平均の大幅続落などマイナス視へ。

*三洋電機<6764> 145 -5
前日に決算発表、今期見通しは想定を下回る内容であり。

*日本郵船<9101> 345 -19
バルチック指数は上昇も、海運株には中国金融引き締めの影響など警戒で。

*長谷工<1808> 90 -5
JPMで投資判断格上げも全般的なリスク許容度低下場面では。

*日産自動車<7201> 739 -42
急速な円高の進行を受けて自動車株はさえない展開に。

*三井物産<8031> 1319 -27
資源価格の下落や豪州資源課税など事業環境悪化目立ち出し。

*三菱商事<8058> 2076 -47
本日は原油市況の下落など響く、決算発表予定だが。

*黒崎播磨<5352> 436 -12
同時期に人気化した河合楽器の上昇などには乗り切れず。

*マツダ<7261> 253 -13
自動車株の中でも欧州向けの構成比の高さが警戒視され。

*昭和電工<4004> 199 -6
シティで買い推奨格上げも地合いの悪化に押され。

*川崎重工業<7012> 281 -5
野村の格上げも地合い悪化には抗えず。

*三井住友<8316> 2890 -95
上方修正など目先の好材料も出尽くし気味であり。

*キヤノン<7751> 4045 -175
コア銘柄のなかでも輸出比率は高く。

*トヨタ<7203> 3465 -85
自動車株には円高の影響大きいとの懸念も強く。

*ソニー<6758> 3030 -130
米国株大幅安や円高で主力コア銘柄軒並み安。

*第一生命<8750> 153100 -3800
新規買い推奨のレポート相次ぐが地合いの悪化で。

*ファストリ<9983> 13160 -710
前日発表の月次動向を嫌気、2ヶ月連続での2ケタ減に。

*JFEHD<5411> 3165 -20
鉄鋼原料の権益取得拡大目指すとの報道も。

*ヤマダ電<9831> 7050 -90
前日に好決算発表も、地合い悪で出尽くし感先行。

*任天堂<7974> 27520 -3130
前日に決算発表、今期の減益見通しなど嫌気へ。

*東洋機械<6210> 250 -19
設備投資関連の一角にもユーロ安の影響懸念。

*ホシデン<6804> 1080 -73
任天堂の株価下落を受けて関連銘柄として連れ安へ。

*新星堂<7415> 71 +25
債務免除により上場維持の見込みとなり。

*イナリサーチ<2176> 61900カ +10000
前期純利益を3400万円から6600万円へと再度上方修正したことを好感。

*アパマン<8889> 3235 +170
上期営業利益を6.5億円から8.1億円へと引き上げたことを材料視。

*ユビキタス<3858> 269900 -44100
任天堂の決算発表を受けた急落で連想売り。

*芝浦電子<6957> 1261 +21
前期営業利益を6億円から8.6億円へと再度上方修正。

*チップワン<3343> 89000カ +15000
上半期、並びに通期業績の大幅な上方修正を好感。

*ルーデンHD<1400> 10680カ
引き続き、「継続企業の前提に関する注記」解消を材料視。

*フュージョン<4845> 17180 -1890
連日の急騰を受け過熱警戒感強まり。

*セプテーニ<4293> 66000 -10300
上期は通期業績に対し高進捗も、上方修正は発表されず失望売り。

*セガトイズ<7842> 350 -52
前期営業赤字は1.8億円から3.9億円へ拡大となり。

*アクセルマーク<3624> 85700 -13600
上期業績の発表で材料出尽くし感も強まる。
スポンサーサイト
コメント
ご発注分取り消しってすごいですね‼
個人が買った分まで取り消されたら、可愛そうですね。。。
メロ #-|2010/05/07(金) 11:43 [ 編集 ]
メロさんども

急落直前からの20分間市場で行われた取引全部を
取り消しらしいです。
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2010/05/07(金) 11:49 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。