(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4.27【仕手系銘柄と好需給銘柄】

2010/04/27 11:24|未分類CM:2
金融規制強化や短期金利の上昇とかで金融株が軟調
GSの議会証券やFOMCやGDPの発表を控えて
上値を抑えたらしい

持ち越し
またも大して売ってないのにCAレーティング上げでGU
買い戻したらその後下げた
売ってた三井松島は寄りで利確
買い持ちはFCCが結構上げてくれたけど早売り

昨日はルック、今日は東都水産
K氏銘柄祭りかな
じゃあニチモウとか丸山とか巴コーポとか東亜道路とか来ちゃうのかな
と思ったらすでにニチモウと東亜道路来てた
丸山は来てなかったけど途中で来た
買ってないけど
東都水産201,202で売ってずーっと下がるの待ってたけど
我慢できずに200で買戻し
天井で売ろうとするなよ

後場
HDD到着でやっとPC2台で出来ると思いきや
HDD交換してもファンが3回うなるだけで
全然立ち上がらず
えーHDDじゃないのかよ
何が壊れてるんだろ
またPC買うのか

後場はもみ合いかと思ってたけど
先物が上昇
輸出系が強かったのかな?
含み益が増えて終わった
持ってたツガミ振り落とされ
K氏が崩れたんで
K氏だからと買わなかった鬼怒川と黒崎
お構いなしの上昇だった
鬼怒川と黒崎は業績で買われてるわけだから
筋が違うのかな

決算後の船の動きひどかったね


[株式オープニングコメント]
値動きだけでなく、テーマ性のある材料株へ
 米金融株の軟調地合いを受け、金融セクターが上値を抑える格好になりそうだ。ま
た、米キャタピラーの上昇は機械セクターへの刺激となるが、原油など商品相場が弱
含みで推移しており、相殺されそうである。そのため、昨日の上昇の反動もあって上
値追いは慎重となろう。ただ、昨日の先物市場での強さをみると、クレディ・スイ
ス、Nエッジの買いが目立っている。先週もクレディの大口売り買いで上下していた
だけに、同社次第では上振れの可能性はある。また、これから決算が本格化すること
もあって下を売り込む流れにもならず、全体としては11100円レベルでの底堅い展開
が期待される。
 物色としては次第に材料系の銘柄へのシフトが強まるとみられる。昨日も中小型株
の強い動きが目立っていたほか、ルック、TBKといった仕手系色の強い低位材料株
への資金集中がみられていた。ただ、中小型株については対象が絞られてきている面
があるほか、仕手系の銘柄についても短期割り切りのスタンスである。
 そのため値動きからテーマ性などの材料を持つ銘柄に向かいやすく、GSユアサの
決算、中国の地方都市での排ガス規制を受けた次世代電池関連。東芝の鉄道機器事業
での海外市場開拓報道での鉄道関連に。また、これら2つのテーマは、28日にドイチ
ェ・アセット・マネジメントが運用する「DWS 鉄道関連株式ファンド」と「DW
S 次世代自動車関連株式ファンド」が設定されることも手掛かりとなる。
 そのほか、ソフトバンクがチャイナモバイルの通信方式を導入するとの報道を受け
た情報通信セクターへの動向も注目される。また、東京メトロは、高画質・高機能の
新型防犯カメラを地下鉄全駅の構内に設置すると報じられており、防犯・監視カメラ
関連への手掛かり材料になろう。ザラバ決算銘柄や逆日歩などを材料にした物色も活
発とみる。
なお、26日のNY市場は、ダウ平均は0.75ドル高の11205.03、ナスダックは7.20ポイ
ント安の2522.95。シカゴ225先物清算値はドル建てが大証比40円高の11200円、円建
ては同15円高の11175円。ADRの日本株はNTTドコモ、キヤノン、トヨタ、京セ
ラが小じっかり。半面、三井住友、任天堂、三菱商、三井物が小安いなど、対東証比
較(1ドル94.02円換算)で高安まちまちだった。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・欧州株、資源や金融株中心にしっかり
・半導体株SOX指数、3日続伸
・米キャタピラー、利益見通しを上方修正
・NY金先物、小幅続伸
・LMEニッケル先物、反発
・バルチック海運指数、小幅続伸
・東証REIT指数、反発
・GSユアサ<6674>、前期最高益へ上方修正

弱気材料
・米金融制度改革法案、想定よりも厳しいデリバティブ規制が盛り込まれるとの見方
・NY株まちまち、金融改革法案への警戒感から上値重い
・ギリシャ国債、利回り高止まり
・DRAMスポット、続落

留意事項
・米上院、金融改革法案の審議入り否決
・国内テレビ大手4社、10年度世界出荷5割増
・日銀、11年度物価マイナス脱却を予想
・国内設備投資稼働率、金融危機前水準に回復
・経産省、繊維輸出1兆円目標
・トヨタ<7203>、鋼材値上げ容認へ
・日産<7201>と米GE、スマートグリッドで共同研究
・NYドル円相場(93円95銭-98銭)
・ユーロ円相場(125円93銭-97銭)
・NY原油先物、反落(1バレル=84.20ドル)
・NY債券市場、反発(10年債利回り0.006%下落)
・長期金利、上昇(10年債利回り1.320%)
・4月中小企業景況判断
・コマツ<6301>、シャープ<6753>、京セラ<6971>、商船三井<9104>など決算発表
・米FOMC(28日まで)
・米2月S&Pケースシラー住宅価格指数
・米4月コンファレンスボード消費者信頼感指数
・米デュポン、3M、オフィスデポなど決算発表
・独5月GFK消費者信頼感調査
・仏4月消費者信頼感指数
・ブラジル中銀金融政策決定会合


[サポート&レジスタンス]
終値            11166
5日移動平均        11004
標準偏差+2σ       11425
レジスタンス(2)     11253
レジスタンス(1)     11209
ピボット          11122
25日移動平均       11093
転換線           11091
基準線           11087
サポート(1)       11079
サポート(2)       10992
標準偏差-2σ       10761
先行スパンA        10571
100日移動平均      10543
先行スパンB        10425
200日移動平均      10288

[ランチタイムコメント]
主力処では商船、材料系では飯野海、第一汽辺りに資金向うか
 日経平均は反落。46.97円安の11118.82円(出来高概算10億3000万株)で前場の取
引を終えている。米金融株の下げや商品相場の弱い動き、昨日の大幅上昇の反動もあ
って利食い優勢のスタートとなった。その後も上海市場がやや弱含みで推移している
こともあって方向感は掴みづらく、また昨日上昇をけん引した先物市場も小動きで推
移しており、日経平均は11100円レベルでのこう着感の強い相場展開が続いている。
 セクターでは昨日上昇が目立っていた証券が利食いに押されたほか、保険、不動産
なども一服。また、商品相場の下げの影響から、鉱業、石油石炭、卸売といった資源
系が冴えない。一方、ゴム製品が全般堅調なほか、ガラス・土石、機械などが小じっ
かりの展開。また、電産トーソクなど決算評価のほか、昨日のルックに続き、本日は
東都水産、東日カーライフ、東特電線、世紀東急などが値上り率上位に顔を出すな
ど、仕手系材料株への資金集中の流れが続いている。
 先物市場では、昨日クレディ・スイスなどCTAに絡んでいるとみられる買いがけ
ん引した格好であったが、本日については動きは鈍いようである。一部で売りが出て
いるとの観測もあるが、下値の堅さを見る限りでは方向性は出にくいであろう。その
ため、後場についても、決算内容を手掛かりにした物色のほか、仕手系色の強い材料
株での短期的な値幅取り狙いの商いが中心になろう。逆日歩など需給を手掛かりにし
た動きも強まりやすい。
 なお、商船、川崎汽など海運株の決算が発表されており、後場については海運株へ
短期値幅取り狙いの資金が集中することになろう。商船の信用倍率は0.95倍、川崎汽
は1.34倍、郵船は1.80倍、新和海は4.24倍、乾汽船は7.96倍、飯野海は0.52倍、第一
汽は1.78倍などとなっている。主力処では商船、材料系では飯野海、第一汽辺りが需
給面からはターゲットになりそうだ。

[クロージング]
仕手系銘柄と好需給銘柄
 日経平均は続伸。46.87円高の11212.66円(出来高概算22億株)と、終値ベースで
は15日以来8営業日ぶりに11200円を回復した。米金融株の下げや商品相場の弱い動
き、昨日の大幅上昇の反動もあって利食い優勢のスタートとなった。その後も上海市
場がやや弱含みで推移していることもあって方向感は掴みづらく、また昨日上昇をけ
ん引した先物市場も小動きで推移しており、日経平均は11100円レベルでのこう着感
の強い展開が続いた。ただ、上海が弱含むものの下値の堅さが目立つ中、後場半ば辺
りから先物主導で切り返す格好に。
 東証1部の騰落銘柄は値上り595に対して値下り957、変わらず117と、値下りが全体
の過半数を占めている。また、規模別指数では大型株指数のみがプラスであり、イン
デックスに絡む商いによって主力処が支えた格好になった。一方、小型株指数の弱さ
が目立っているが、新興市場の中小型株でも急速に値を消す銘柄が散見されてきてい
る。
 日替わりではあるが、本日も仕手系色の強い低位材料株の一角が賑わいをみせてい
た。一方、中小型株への物色も続いているが、一部で急速に失速する銘柄も散見され
ている。既に過熱感が警戒されていたことからある程度想定されていたが、大型連休
入りとなるカレンダー要因からも逃げ足の早い資金が中心になりやすく、値がさの中
小型株への物色は絞られてきそうだ。
 また、決算を手掛かりとした物色についても、発表直後の乱高下は想定内。本格的
な決算評価の動きは連休明けとみておいた方が良さそうである。なお、連休中の外部
環境への警戒からオーバーナイトのボジションは取らないとみられるが、それ故に売
り長の需給銘柄については、買い戻しといった投資行動が強まる可能性がある。短期
資金は、仕手系銘柄とファンドの買い戻しを意識した好需給銘柄での、短期的な値幅
取り狙いの流れになろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均11212.66 +46.87
TOPIX997.63 +0.92
東証2部指数2358.02 +3.45
日経ジャスダック平均1354.85 +2.82
マザーズ指数506.45 +3.74
ヘラクレス指数727.15 -4.45
東証1部売買代金1兆6167億円
東証1部出来高22.01億株
東証1部騰落レシオ125.54%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は揉み合いの展開。。建機大手のキャタピラーの決算を好感し、
景気敏感株中心に買われるも、金融株が軟調で上値を抑えている。ただ下値も限
定的で底堅い揉み合いが終始続いた。ダウは小幅ながらも6日続伸、ナスダックは
小幅に反落。日経平均は軟調に始まるが寄り後は底堅い揉み合いの展開。後場に
は中国株安無視して下げ幅縮小する動きに。13時半にファナックが好決算発表し
たのを機に、日経平均はプラ転しその後も上げ幅を拡大する展開。日経平均は今
日の高値圏で引けている。日経先物の主な買い越し証券は野村、JPモルガン、
モルガンS、BNPパリバ、バークレイズ、UBS。売り越しは岡三、クレディスイス、
ニューエッジ、ドイツ、オリックス、松井など。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
6954ファナック 11670円 +1200
13時半に発表した決算を好感し大幅上昇。同社株の上昇で日経平均を48.59円押し
上げている。注目の今期見通しは中間期まで開示しており、市場予測を大幅に上
回る数字となっている。中間期見通しだけで、前期通期業績を大きく上回る格好。
株価は高値圏にあったものの、ポジティブサプライズとなり大幅上昇に。空売り
も多く入っていたことから踏み上げ的な動きも加わった模様。同社株の今日の日
足は安値寄りの高値引けとなっており見事な陽線となった。

6503三菱電機 858円 +21
ファナックの好決算が刺激になっているようだ。ファナック同様、
FA(Factory Automation)が収益柱となっている企業だけに、連想買いが入ったよ
うだ。同社の今期業績も期待できるのではという思惑から、ファナック決算発表
後から上げ幅拡大してきている。同社は4/30に決算発表を予定している。また同
様にファナックの好決算に刺激受け、6506安川電機も上げ幅拡大している。ただ
コチラは既に決算発表済み。

6995東海理化 1854円 -64
14時20分に決算発表をしているが、今期見通しが減益となっていることを嫌気さ
れ、株価は急落。決算発表前には決算期待もあり70円以上も上昇していたものの、
発表後わずか1分で-70以上のマイナスに。株価的には1分間で1990円から1830円
まで一気に下落する動きを見せた。恐るべしアローヘッド。同社株の決算をうけ、
他のトヨタ系自動車部品株が連想的に売られる展開に・・・。トヨタ系自動車部
品企業は明日決算発表するところが多く注目される。

8029ルック 153円 -13
軟調。昨日空売り多く入ったものの売り禁にならず、朝方やや失望的にうられる
場面もあったものの、更に空売り入れば逆日歩10倍措置という期待もあったこと
から買われる場面も見られていた。しかし昨日分の逆日歩が期待されたほど付か
なかったことを機に手仕舞い売りが優勢に・・。後場から売り禁となったものの、
逆日歩10倍措置は入らず。それだけに後場は物色対象外となる展開に。これで早
くも相場が終わったと見る向き多い。今日は8038東都水産、8291東日カーライフ、
6316丸山製作所など仕手性低位株に物色波及していたが、同社株崩れると、それ
らも上値追えない動きになり後場はやはり物色対象外となっていた。今は資金の
逃げ足早いと・・・。

5196鬼怒川ゴム 433円 +28
大幅高。5352黒崎播磨、6101ツガミといった、大きな相場作って調整していた銘
柄が今日は派手に物色されてきている。特に材料は出ていないが、ルックや東都
水産など仕手性株が派手に物色されたことから、これら仕手性株にも物色資金流
れてきたようだ。ただこれらは業績絡みで相場作ってきた銘柄なだけに、ルック
などとは違うとの見方。調整十分で、決算発表も近くなってきたことから、再び
物色相場始まるのではと期待する見方もあるようだ。ただ連休前の幕間繋ぎ的な
蒸し返し物色であり、続く相場にはならないと冷静な声も・・。

9104商船三井 688円 -21
前場引け後に大手海運3社揃って決算を発表。市場コンセンサスを上回る今期見
通しとなり、後場は買い優勢で始まるが寄り後は手仕舞い売りが優勢の展開。結
局大引けまで大した戻り無く軟調な動きが続いた。市場コンセンサス上回ったと
はいえ、同社などは既に日経新聞で報じられた観測記事の数字と同じだったこと
から出尽くしとなったようだ。ただ業績上ブレ期待もあるとの見方も多いことか
ら、下値では買いたい向き多いのではと・・・。

===============
◆◇4/28(水)の主な予定!◇◆
===============
日本とEU の定期首脳協議
昭和電工、新日鉄、住金、マキタ、デンソー、三菱重、ホンダ、豊田合成、
マブチモーター、サイバーA、グリー、資生堂、JT、スタンレー電気、ドコモ、
ヤマトHD、野村HD、JR東海、JR西日本、東京ガスなど決算発表
米5年債入札(420億ドル)
米MBA住宅ローン申請指数(20:00)
米FOMC声明(29日 3:15)
ファーストソーラー、ダウケミカル、ビザ、コーニング、バイドゥなど決算発表
[動いた株・出来た株]

*ファナック<6954> 11670 +1200
決算発表後急伸、実績は計画比大幅上ブレで上半期予想水準にもインパクト。

*センコー<9069> 390 +31
場中に決算発表、中期計画の内容などを評価へ。

*プレス工<7246> 305 +24
日野自動車の今期業績見通しなどもポジティブ視。

*日本鋳鉄管<5612> 168 +13
明日の決算発表なども期待材料視か。

*高田機工<5923> 264 +17
引け後に業績予想の大幅な上方修正を発表。

*オルガノ<6368> 746 +47
業績修正を発表、通期営業益は15億円から18.4億円に。

*油研工業<6393> 227 +13
射出成形機向け油圧機器の好調などはやされる格好から買い戻し優勢に。

*芦森工業<3526> 158 +9
前日に業績修正、本業ベースの上ブレを評価する動きに。

*日インター<6974> 156 -80
事業再生ADR手続きの正式申請を警戒材料に。

*ダイエー<8263> 417 -20
アドバンテッジがドイツ証券に保有株全株売却、目先の需給懸念に。

*日本コークス<3315> 181 -8
総合商社など資源の一角軟調で利食い売り。


(前場)
*日本電産トーソク<7728> 1660 +243
前日に好決算発表、四季報予想との比較で今期見通しインパクトへ。

*東日カーライフ<8291> 133 +16
仕手系色の強い低位材料株に短期資金集まる状況となり。

*岩井証券<8707> 741 +72
前日に決算発表、今期黒字転換観測報道などが好感される。

*日本無線<6751> 247 +24
営業利益は従来予想の23億円から30億円に増額修正。

*東都水産<8038> 184 +14
前日のルックの急騰から仕手系材料株に資金向かう。

*FCC<7296> 1913 +143
前日に決算発表、今期営業利益は8割増益の見通しで。

*アロカ<7704> 842 +62
前期営業利益は5億円から24億円に増額修正へ。

*黒崎播磨<5352> 465 +34
ルネッサンス・テクノロジーズが5%超の大株主に。

*OBC<4733> 5190 +350
昨日の決算発表を受けて、野村では「2」から「1」に格上げ。

*世紀東急工業<1898> 77 +5
単独業績予想を上方修正、営業益は30億円から39.3億円に。

*IHI<7013> 183 +11
前日に上方修正、最終益は70億円から170億円に増額へ。

*スミダコーポ<6817> 1154 +67
第1四半期決算発表、営業益は上半期比較で7割超の進捗率に。

*ヤマダ電機<9831> 7030 +400
業績予想の上方修正発表で目標株価引き上げの動きが相次ぐ。

*石川製作所<6208> 107 +6
前日のルックの株価急騰が刺激となる。

*東海ゴム工業<5191> 1188 +65
通期営業利益は70億円の従来予想から107億円に上方修正。

*松屋<8237> 1076 +56
1000円大台もあっさりと突破、買戻し急がれる格好へ。

*丸山製作所<6316> 212 +11
昨日のルックの株価急騰から往年の仕手株が人気化へ。

*コニカミノルタ<4902> 1230 +62
営業利益は340億円から439億円にまで大幅上方修正へ。

*日機装<6376> 707 +34
前日に上方修正、営業利益は45億円から56億円に増額修正。

*ツガミ<6101> 573 +27
直近までの低位材料株の中心銘柄は総じて堅調な動きとなり。

*鬼怒川ゴム<5196> 425 +20
GWを控えて低位材料株には踏み上げ期待高まる状況と。

*富士重工業<7270> 532 +25
業績予想を上方修正、営業利益は140億円から270億円に増額。

*ルネサスエレク<6723> 1258 +58
GSでは目標株価を1100円から1350円に引き上げ。

*日本板硝子<5202> 302 +11
買戻しが先行か、特に目立った材料は観測されず。

*セガサミー<6460> 1273 +44
高値更新で買い戻し先行か、カジノ期待なども思惑視へ。

*しまむら<8227> 9590 +330
4月の既存店落ち込みも織り込みあく抜け感強まる格好に。

*アクセル<6730> 3075 -425
前日に決算発表、今期の23%営業減益見通しを嫌気。

*トーメンエレク<7558> 1205 -129
前日に決算発表、実績数値は計画比下ブレに。

*ルック<8029> 153 -13
昨日は目立った材料もないまま急騰しており。

*サンエーI<3605> 1481 -113
連日の株価急伸で目先の買戻しにも一巡感か。

*国際航業<9234> 221 -16
前期経常損益は6億円の黒字から6億円の赤字に下方修正。

*大塚商会<4768> 6610 -440
ドイツの格上げで大幅高となった昨日の反動。

*日本高純度<4973> 313000 -17500
前日に決算発表、今期増益見通しも期待値には達せず。

*東建コーポ<1766> 2729 -145
配当権利落ち、配当利回りは4%超の水準であり。

*新神戸電機<6934> 990 -50
前日に決算発表、今期経常益は2ケタ減益見通しであり。

*佐鳥電機<7420> 874 -42
先週末までの急速な水準訂正の動きの反動安。

*シミック<2309> 26770 -1230
業績上方修正で急騰したが徐々に利食い売り優勢に。

*セディナ<8258> 165 -7
前期最終損益は347億円の赤字から680億円の赤字に下方修正。

*日立製作所<6501> 410 +5
前日に上方修正発表、野村など目標株価引き上げ目立つ。

*GSユアサ<6674> 688 +22
業績予想を上方修正、営業利益は80億円から115億円に増額。

*昭和電工<4004> 211 +5
メリルでは目標株価を220円から260円に引き上げへ。

*三井物産<8031> 1471 -33
昨日には大和が投資判断を2段階格下げで。

*三菱ケミカル<4188> 488 +3
三菱UFJでは投資判断を「3」から「1」に2段階格上げへ。

*トヨタ<7203> 3670 -20
鋼材値上げ容認との報道なども伝わっており。

*キヤノン<7751> 4375 -20
前日に第1四半期好決算発表も、出尽くし感が先行する。

*コマツ<6301> 1897 +15
米キャタピラーの好業績見通し発表や株価上昇なども刺激となる。

*シャープ<6753> 1254 +24
野村では目標株価を1300円から1550円に引き上げ。

*第一生命<8750> 155900 +1000
東証では制度信用銘柄に選定へ。

*日立建機<6305> 2063 -74
前日の決算を受けて野村では「1」から「2」へ格下げ。

*ブリヂストン<5108> 1588 +25
シティでは「2M」から「1M」に格上げ、1800円目標としている。

*ダイキン<6367> 3700 -60
今期の業績観測報道が伝わるがコンセンサスは下ブレへ。

*日本精蝋<5010> 300 +51
第1四半期決算発表、収益は上半期予想を上回る水準に。

*浜井産業<6131> 149 +12
株式新聞に注目銘柄として取り上げられている。

*電産サーボ<6585> 554 -41
日本電産が完全子会社化、株式交換比率に鞘寄せへ。

*小糸工業<6747> 191 -9
前日に決算発表、今期の大幅最終赤字継続見通しなども嫌気。

*シマノ<7309> 4140 +130
第1四半期好決算に、100万株を上限とする自社株買いも発表。

*日本電産<6594> 9830 -20
前日に好決算発表も、やや出尽くし感が優勢に。

*大阪有機<4187> 727 -38
連日の株価急騰に短期的な過熱警戒感も。

*アプリックス<3727> 151000カ +30000
スマートグリッド向け「picoJBlend」が米社に採用されたと発表。

*ワークスAP<4329> 60000 -4700
通期業績予想の大幅な下方修正と減配の発表を嫌気。

*VTHD<7593> 212 +19
前期の営業利益を36億円から44億円へと引き上げたことを好感。

*ベクター<2656> 203000 +10300
本日の決算発表を控え、先回り買いの動きとも。

*菊池プレス<5970> 1777 -173
四季報予想を大幅に下回る今期の業績見通しを受け失望売り。

*SBIネット<2355> 21780 -3210
前期営業損益が黒字見通しから一転し赤字転落となったことを嫌気。

*光波<6876> 1130 -62
前期最終損益は4.5億円の赤字から8億円まで赤字幅拡大となり。

*ベリトランス<3749> 61900 -5900
今期業績見通しを発表も想定内で、出尽くし感強まる。

*ミマキエンジ<6638> 95100 -19900
前期営業損益を1.7億円の赤字へ下方修正。

*ハイパー<3054> 173000 +21500
中間、並びに通期業績の大幅な上方修正を評価。

*ワールド・ロジ<9378> 10700カ +1500
目立った材料は観測されておらず、低PBR銘柄を物色する動きか。
4月27日(火)

H「日経平均がしっかりと続伸となった。昨日あれだけ派手に上昇しただけに今日はある程度下落しても仕方ないという市場ムードだったんだが・・・。」

K「そうだな。昨晩の米国市場は揉み合いで高安まちまちだったことから尚更期待は乏しかった。まあ前場はそれなりの動きとなっていたんだけどな。」

H「ああ。前場は軟調に始まり、寄り後は売り込む動きも見られないが上値追う動きも無く、日経平均はマイナス圏での方向感乏しい揉み合いだった。ある意味、納得の動きだったと言える。」

K「そうだな。後場に入って流れが変わった。海運大手3社が前場引け後に決算発表しているが、それが市場コンセンサスを上回ったと言うことが市場心理を好転させたとの見方もあるものの、海運株は後場寄り後は売り優勢だったからな。そう言うわけでもないだろう。」

H「ああ。しかも先々週に日経新聞に一部報じられていただけにサプライズ感は乏しかったしな。」

K「ただ後場に入ってから欧州勢の買いが観測されており、それが日経平均押し上げたとも言える。もちろん、本格的に上昇基調になったのは13時半に決算発表した6954ファナックがきっかけなのは間違いないけどな。」

H「ファナック決算は中間期見通しがポジティブサプライズとなり派手に物色された。まあ、空売り多かった銘柄だけに踏み上げ的な動きもあったんだろう。それにディーラーなどの短期資金も飛びついて大幅高となった。」

K「これだけで今日の日経平均を50円近くも上げているからな。ある意味、ファナック株上げていなければ日経平均はマイナスだったというわけだ。」

H「何か、昨晩の米国市場と似たような感じだな。昨晩の米国市場では建機最大手のキャタピラーが好決算をうけ大きく買われていた。ダウの上昇はそのキャタピラー株の上昇によるものだ。」

K「確かに一緒だな。同じ機械株だし・・。」

H「しかし驚いたのは上海市場や香港市場の軟調を殆ど悪材料視されていなかったと言うことだ。」

K「ああ。後場寄りの段階で既に中国市場は結構下げていた。それだけに後場は軟調気味になるのではと見る向き多かったものの、後場寄り直後から強含みの展開で日本市場は始まっていたからな。まあ大手海運の決算効果もあったとはいえるが、その海運株は後場寄り後は売り優勢になっていたにも関わらず日経平均は結構しっかりだったからな。」

H「ああ。その状況でファナック決算が出され、先物のショートカバーを誘った感じだな。」

K「市場ではこりゃクレディスイス結構先物買い越してきたのではと見られていたが、今日の手口見るとクレディスイスは日経225先物、TOPIX先物共に売り越しとなっている。それに先物の出来高は言うほど多くなく、ある意味現物株主導とも言える展開だった。」

H「となれば、欧州勢から現物株に買いが入ってきたということだな。」

K「恐らくそうだろうな。ただ日本市場ゴールデンウィーク近いことから積極的な買いが入るというのも疑問なんだが、やはり企業決算への期待感から海外勢の買いが入っていると言えるのかもな。」

H「ただホットマネーと言うこともあり得るだろう。ようは短期資金だ。」

K「当然その可能性もあるだろうな。ただ一部ではオイルマネーの買いが入っているとの声もあるだけに、単純にホットマネーだけとは言い切れない。」

H「なら海外勢の中長期資金もある程度は入ってきている可能性あると言うことか・・。」

K「まあ否定できないだろう。最近の日立などの強い展開をみると、そう言った資金入ってきている可能性はあるといえる。」

H「そう言った資金の買いが継続して入って来るならば、このまま日経平均も高値取りと言う期待も出てくるよな。」

K「確かにそうだが、外部要因が邪魔をしそうだけどな。今日は中国市場の下落を無視していたが、更に中国市場の軟調が続くようだと無視しきれないだろうし、欧州のギリシャ問題だって依然として懸念がくすぶっている状況だ。」

H「今日の欧州市場では再びギリシャ不安が強まって現在軟調な展開となっているし、再びユーロ売りの流れになってきているしな。確かに外部要因が水を差しそうだ。」

K「まあそれでも底堅さ見せるかどうか注目だろう。もし外部要因悪化しても底堅さ続くならば、実需の買いがしっかりと入ってきていると言えるだろうな。」

H「それはそれで良いことだが、いずれにしろ外部要因落ち着いてくれないことには上値押さえられることになるからな。」

K「そうだな。まあ色々な懸念要因は多いものの取りあえずは為替影響を受けやすいギリシャ問題とっとと収まって欲しいモンだな。」

H「ああ。それが収まるかどうかはドイツ次第とも言えそうだけどな。」

K「ただドイツは5/9に地方選挙を控えており、それを過ぎるまで結論は出さない可能性が高い。となれば、結局最短でもそれまではギリシャ懸念くすぶり続ける事になると言うことだ。まあそれでも5/9以降にすぐに収まれば良いけどな。」

H「当然収まらない恐れだって十分あるだろうしな。」

K「まだまだ油断は出来ないが、それまで相場も粘って欲しいもンだな。」

H「取りあえず今晩の欧米市場がどういう結果で引けるのか注目したい。」
2010.4.27先物チャート
スポンサーサイト
コメント
あう~
ミャンコ先生のパソコンを見てみたくてしょうがないですううう。
(とてもBIOS臭いです‥立ち上がらないと直せないけど‥)
実はけむ。さんのオフ会で会えるのではと相当期待しておりました。
いつの日かミャンコ先生とかまぼこのベクトルが交差することはあるのでしょうか‥

すげーなさそうだw
かま #6WRgJ5Is|2010/04/27(火) 19:48 [ 編集 ]
かまぼこさん、パソコン買っちゃったw
今回もDELLに使用かと思ったけど
友達の勧めでマウスコンピューター
やっぱり日本企業にお金落とさなきゃって
でもCPUとかまだ使えるのにもったいない
メモリとかHDDとかグラフィックボードとかは新しいの来たら増設に使えるけど
けむさんは一回会ったことあるなぁ
一昨年だったかな
↓の似顔絵そっくりだった
http://www.amazon.co.jp/1%E6%97%A5%E3%81%AB100%E4%B8%87%E5%86%86%E7%A8%BC%E3%81%90%E5%8B%9D%E3%81%A1%E7%B5%84%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC12%E4%BA%BA%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87-oricon-CREATE%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-No-2/dp/4871311015
なかなか集まりには出ないからほとんどの人に会ったことないw
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2010/04/27(火) 20:59 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。