(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4.23【続落、上値の重い展開】

2010/04/23 11:35|未分類CM:0
ヨーロッパが弱すぎ
ってかイブニング始まってから
ヨーロッパに影響される度合いが強くなってきてるような
日本なんかほとんどアメリカと中国相手の貿易なのに

NYはオバマ演説で
金融規制が思ったよりたいsたことないとの見方
いつもながら強くドル円は円安に
逆にユーロ円は円高に

持ち越し銘柄どれも今日は寄り強い気配だったけど
JRは弱い感じで下げたんで
そこでJR各社を追加して戻りで利確
安売りしすぎた
住友重機も底で買えたけど
これも安売りチック
おとといあたりから持ってた富士電機が逆指値で利確されたり
クラリオンも逆指値で利確されたり
レオパレス下がったところで買い増しして
上値抜けたところで追加して
天井打ったところでトレールが発動して利確されたり

G20前に警戒らしいが
G20なんか期待したら期待はずれだし
警戒したら肩透かしだし
結局何も変わらないだろうね

後場
基本見てるだけ
ゆびキタスとか途中来たけど
昨日みたいにすぐ勢いがなくなるんだろ
ってことで無視
結構勢いあった

昨日から持ってる楽天を引け近くに利確
まあ一旦利確してみただけだけど

先物14:44あたりの歩値キモかった
20枚ずつ同じプログラム使ってるのかよ

手法を選ぶと勝手にFXを売買してくれるひまわりFX
今までデモトレードしか出来なかったけど
4月26日(月)から実際に出来るようになるとか
デモトレードではよくシステムエラーで自動売買停止するんだけど
本番は大丈夫なのかな?
とりあえず入金してやってみますw
FX.jpg


[株式オープニングコメント]
逃げの体勢で中小型株への上昇トレンドに乗る
 本日も日経平均はこう着を強める一方、新興市場を中心とした中小型株物色が強ま
ることになろう。22日の米国市場でNYダウは小幅ながら4日続伸した。一時100ドル
超の下げをみせていたが、オバマ大統領の金融改革案についての演説では、一部の懸
念ほど強硬なものではなかったことから警戒感が後退し、切り返しをみせている。ま
た、ギリシャ問題についての不安感が強いものの、ユーロから引き揚げた資金が流入
するとの見方も下支え要因となる。
 しかし、マイクロソフトの時間外の影響や、二転三転する国内政局不安、週末要因
などを背景に上値追いの流れは限られよう。テクニカル面でも調整トレンドに入って
いるなか、昨日の中途半端な戻りによって、手掛けづらいところである。日経平均は
昨日の10900円割れをボトムとして意識するには11150-11300円辺りをクリアするのを
確認する必要はある。一方、直近安値を下回って終われば、目先的には10770円辺り
までの調整を意識しつつも、今度はリバウンドを想定したスタンスに変わる可能性が
ある。
 そのため、相場全体としてはこう着からもう一段の調整が待たれ、その間はボラテ
ィリティの高さを手掛かりとした中小型株への物色にむかいやすい。逃げ足の速い資
金が短期的な値幅取り狙いに動いている状況であろうが、パフォーマンスの良さから
向わない訳にも行かないであろう。週末要因から引き続き資金の逃げ足の速さには注
視しつつ、トレンドに乗る格好か。
 また、本格化する決算発表を前に、業績上方修正の発表が相次いでいる。先回り的
なロングポジションが積み上がっている需給関係ではないため、基本的には評価材料
になろう。また、GWを控えるなか、需給を手掛かりに踏み上げ狙いといった、テー
マ・材料系銘柄への物色も活発化するとみられる。
 なお、22日のNY市場はダウ平均は9.37ドル高の11134.29、ナスダックは14.46ポ
イント高の2519.07。シカゴ225先物清算値はドル建てが大証比20円安の10930円、円
建ては同35円安の10915円。ADRの日本株はNTTドコモ、ホンダ、任天堂、ソニ
ー、コマツなど対東証比較(1ドル93.46円換算)で全般小じっかりだった。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・NYダウ小幅続伸、新金融規制法案への懸念後退を受け
・半導体株SOX指数、反発
・NYドル円相場、円安進行(93円48銭-50銭)
・LMEニッケル先物、小幅反発
・東証REIT指数、3日続伸
・新興市場を中心とした中小型株物色が活況

弱気材料
・ムーディーズ、ギリシャ国債を「A3」に格下げ
・ユーロ円相場、円高進行(123円77銭-82銭)
・欧州株続落、ギリシャなど欧州各国の財政赤字修正を嫌気
・米マイクロソフト、好決算発表も時間外では下落
・NY金先物3日ぶり反落、対ユーロのドル高を受け
・バルチック海運指数、小幅反落

留意事項
・電子部品大手、増産投資を拡大へ
・欧州主要空路はほぼ正常化
・電子マネー決済件数、3月過去最高を更新
・日産「リーフ」、予約3週間で年度目標の半分超
・NY原油先物、小幅反発(1バレル=83.70ドル)
・NY債券市場、反落(10年債利回り0.037%上昇)
・長期金利、低下(10年債利回り1.315%)
・DRAMスポット、変わらず
・2月全産業活動指数
・第2回目となる事業仕分けが開始
・KDDI、東製鉄、中外製薬などが決算発表
・仏4月景況感指数
・独4月Ifo景気動向
・英1-3月期国内総生産
・米3月耐久財受注
・米3月新築住宅販売件数
・G20財務相、中央銀行総裁会議
・北京モーターショー(5月2日まで)


[サポート&レジスタンス]
終値            10949
5日移動平均        10990
標準偏差+2σ       11438
転換線           11109
25日移動平均       11073
基準線           11070
レジスタンス(2)     11058
レジスタンス(1)     11004
ピボット          10935
サポート(1)       10880
サポート(2)       10812
標準偏差-2σ       10707
100日移動平均      10507
先行スパンA        10463
先行スパンB        10425
200日移動平均      10277

[ランチタイムコメント]
中小型株に乗るが、いつでも撤退できるフットワークを
 日経平均は小幅下落。34.26円安の10914.83円(出来高概算9億3000万株)で前場の
取引を終えている。寄り付き直後に一時10886.30円まで下げ、その後10967.12円まで
切り返す動きをみせたが、結局は昨日の価格の範囲内での推移であり、こう着感が強
い。東証1部の騰落銘柄も値上り735に対して値下り731、変わらず190と、高安まちま
ちである。物色は昨日同様、中小型株などに集中しており、ヘラクレス、マザーズ、
JASDAQの各指数はともにプラス。この流れもあって東証1部の騰落銘柄は、大
型株、中型株指数の下落に対し、小型株指数の上昇が目立つ格好である。

 225先物についても昨日の価格レンジ内での推移が続いており、トレンドは出にく
い状況である。ただ、テクニカル面では今後リバウンドを見せるためにも、もう一段
の調整が欲しいところであり、調整場面での嫌気ムードは強まっていないであろう。
また、中小型株を中心とした値幅取り狙いの流れも回転が利いている状況のため、物
色意欲も強い。
 とはいえ、週末要因もあってこのまま中小型株が一段高をみせてくるとも考えづら
いところである。マザーズ指数は16日高値に接近しており、達成感も意識される。一
部の銘柄は失速しているところもある。ポジションをオーバーウィークさせる動きは
限られるため、引き続きトレンドに乗るものの、いつでも撤退できるフットワークが
必要である。

[クロージング]
続落、上値の重い展開
4月23日の日経平均株価は続落。序盤は売り先行後に切り返す場面もみられたが、5日
移動平均線近辺では上値の重さを示した。引き続きギリシャ財政問題を警戒視する向
きが多いなか、週末を控えて積極的に上値を買う動きは限定的となり、前引けにかけ
て下げ幅が拡大した。後場はアジア株市場の軟調推移も重しとなり、一時は前日安値
10866円を僅かに割り込む場面もあった。ただ、下値では企業業績の上ブレ期待から
押し目買いが入り、大引けにかけては膠着(こうちゃく)感が強まった。
大引け概算の日経平均株価は前日比34.63円安の10914.46円。東証1部市場の売買高は
19億9993万株、売買代金は1兆4823.89億円。騰落銘柄数は値上がり958、値下がり
549、変わらず168。
業種別では不動産業、保険業などが上昇。一方、海運業、空運業、医薬品などが下
落。個別ではダイワボウ<3107>、コロムビア<6791>、いすゞ自<7202>、川崎重
<7012>、リコー<7752>などが上昇。一方、日立<6501>、エルピーダ<6665>、富士フ
<4901>、第一三共<4568>などが下落。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10914.46 -34.63
TOPIX978.20 +0.03
東証2部指数2329.75 +9.16
日経ジャスダック平均1338.87 +6.18
マザーズ指数497.13 +6.25
ヘラクレス指数720.76 +7.03
東証1部売買代金1兆4823億円
東証1部出来高19.99億株
東証1部騰落レシオ122.75%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場はギリシャ債務拡大を嫌気し軟調な展開で始まる。一時ダウは
100ドル超の下落に。しかしオバマ大統領による金融規制改革案の演説後は、買
い戻し優勢に。具体策が示されなかったことに安心感出たようだ。ダウナスダ
ック共に小幅高で引けている。為替はユーロ安進行しておりユーロ円は円高に。
日経平均は小幅安で始まり寄り後は揉み合い。プラスとなる場面も見られたが
上値も限定的で、その後は小幅安水準での揉み合いに。後場一段安となるも、
下値も限定的でその後は下げ幅徐々に縮小していく。ただ戻りも限定的で日経
平均小幅安水準での揉み合いが大引けまで続いた。日経先物の主な買い越し証
券は、ゴールドマン、モルガンS、日産センチュリー、三菱UFJ、みずほ、岡三、
BNPパリバ。売り越しはニューエッジ、メリル、野村、カブコム、クレディスイ
ス、UBSなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
2333ジーモード 6万円 +10000
ザラバ寄らずのストップ高。昨日同社は前期業績の上方修正を発表。増額率は
高いものの、主にコスト削減などによる要因であり、売上高は下方修正となっ
ている。ただ今期以降の成長への期待感が強いようで、その期待感強まり買い
集まったようだ。5/7決算発表予定であり今期業績見通しが注目される。同社の
上方修正により筆頭株主の3727アプリックス株もしっかり。また他のゲーム関
連株にも物色されている銘柄目立っている。2138クルーズ、3765ガンホー、
2656ベクター、3812ゲームオンなど・・・。

2432DeNA 736000円 +9000
しっかりだが、上値の重さ目立っている。今日は同業に近いサイバーエージェ
ントが上方修正し、ドイツ証券がDeNA株の投資判断を新規Buy、目標株価95万円
としたりと、追い風吹いていたものの、上値の重さが目立っていた。ドイツ証
券によれば、今期業績見通しが市場コンセンサスを上回る可能性が高いと指摘
している。同社は4/30に本決算発表を予定しており、その時に出されるであろ
う今期見通しが注目される。決算発表直前となれば、このドイツのレポート効
果で決算期待の買いが入ってきそうだと・・・。

7873アーク 164円 +29
一時174円まで買われる場面も。特に材料は見当たらないが相場続いている状況。
短期資金中心の相場だが、派手に上げている割には空売り貯まらない状況続いて
いる。キナ臭さ強い動き見せているだけに売り方も敬遠しているとの見方も・・・。
一部では今期業績急回復期待があるとの話が浮上しているが、そのような話が出
て来ただけに、そろそろ終焉ではと警戒する市場筋も多いようだ。来週の動向が
注目されている。

6988日東電工 3575円 -100
軟調。今朝の日経新聞では前期の連結営業利益が前年比4倍の550億円前後と従来
予想を約30億円上回ったようだと報じられている。これをうけ買い優勢で始まっ
たものの、寄り後は手仕舞い売りが優勢に。市場では再度の上方修正も既に期待
されていたこともあり、最近は地合の割に底堅い動き続けていた。それだけにこ
の程度の数字であれば出尽くしの動きになっても仕方ないと・・。ただ今期も増
収増益が見込まれるだけに、4/30の決算発表へ向け再度買われる場面はありそう
だと。

4314ダヴィンチ 1111円 -400
ザラバ寄らずのストップ高。昨日、大証は同社株を監理銘柄に指定すると発表。
同社は上場廃止の猶予期間に入っているが、その期日を待たずして上場廃止基準
に該当する可能性が高まった為。大証ヘラクレスでは債務超過企業は月間平均株
価が1万円未満となれば、猶予期間を待たずに上場廃止となる事が決められてい
る。今月残り少なく月間平均株価1万円未満は確実であり、上場廃止不可避に。
最近の株価からも解りきっていた事ながら見切り売り殺到している。資金調達な
どで今月中に債務超過解消となることに期待していた投資家も多かったようだ。

===============
◆◇4/26(月)の主な予定!◇◆
===============
4月末権利取り最終売買日
「オバマ外交と日米関係」シンポジウム(東京 経団連ホール)
4574大幸薬品が東証2部から1部に
キッコーマン、カゴメ、オービック、日立建機、JSR、日本電産、キヤノン、
松井証券、日立ハイテク、オービック、花王など決算発表
オーストラリア市場休場
米5年物価連動債入札
テキサス・インスツルメンツ、キャタピラーなど決算発表
[動いた株・出来た株]

*サンエーI<3605> 1507 +166
高値更新後は買戻しが活発化する方向か。

*兼松日産<7961> 160 +15
材料株物色の動きにも資金シフトが強まりつつ。

*ダントー<5337> 126 +11
特に材料観測できず、値動きの軽さに追随する動きへ。

*ニチハ<7943> 863 +65
大引けにかけて上げ幅広げる、ショートカバーとはみられるが。

*中外炉<1964> 279 +19
通期最終損益は14.7億円から21億円に増額修正。

*ダイワボウ<3107> 244 +15
一昨日発表の上方修正に対するインパクトは強く。

*新光商事<8141> 1011 +60
同業の佐鳥電機が直近で大幅上昇した連想も。

*フィデック<8423> 19030 -970
前日に急伸の反動、短期資金の回転売買の影響で。

*新生銀行<8303> 124 -5
増資懸念など織り込んだ空売り圧力なども強いとみられ。

*川崎汽船<9107> 387 -14
資源株の弱い動き目立つなか、バルチック指数も下落で。

*ツガミ<6101> 545 -18
出来高漸減傾向など、やや人気も離散の方向に。

*THK<6481> 1923 -61
目立った材料はなく、手仕舞い売りなどの需給要因で。

*日東電工<6988> 3575 -100
業績上ぶれ観測報道伝わるが、出尽くし感につながる。

*近鉄エクス<9375> 2235 -59
欧州空運混乱の影響懸念が続く格好にも。



(前場)
*シミック<2309> 28000 カ
上半期営業利益は13.5億円から20.5億円に上方修正。

*アイロム<2372> 3080 カ
引き続き、監理銘柄からの指定解除をリバウンドの材料に。

*アーク<7873> 163 +27
収益回復期待など高める格好から水準訂正狙いの動き強まる。

*アルパイン<6816> 1282 +109
上方修正ポジティブサプライズ、営業損益は一転黒字予想に。

*シスプロカテナ<2317> 71700 +6000
前期営業利益は4億円から4.9億円にまで上方修正。

*コクヨ<7984> 853 +69
第1四半期営業益は9割増益となっており。

*旭テック<5606> 52 +4
営業損益は3億円の赤字予想から1.5億円の黒字に。

*コロムビア<6791> 50 +3
ソフトバンクのビクター買収観測などが刺激材料か。

*キヤノンMJ<8060> 1402 +84
前日に第1四半期決算発表、大幅黒字に転換で。

*愛知製鋼<5482> 420 +25
通期営業利益は28億円から43億円に上方修正で。

*日本電産トーソク<7728> 1399 +83
調整一巡感で買い戻し優勢か、決算発表も接近しており。

*サイボウズ<4776> 41550 +2400
ソフトバンクとの業務提携発表を好感する。

*シンニッタン<6319> 344 +19
前日から動意づく、トラック関連の一角として。

*日合成<4201> 637 +35
前日に業績上方修正、営業利益は95億円から107億円に。

*三井住友建設<1821> 95 +5
通期営業利益は58億円から66億円にまで上方修正へ。

*栗本鉄工所<5602> 167 +8
前日から東証では日々公表銘柄指定から解除。

*日本カーボン<5302> 322 +15
ドイツでは黒鉛電極業界の強気判断を継続。

*前田建設工業<1824> 328 +15
地盤改良の汚泥を半減する新工法開発と報じられている。

*NTT都市開発<8933> 83700 +3700
政界再編に伴う霞ヶ関再開発期待なども思惑視と。

*テレビ朝日<9409> 161000 +6700
シティでは目標株価を16万円から17万円に引き上げ。

*積水樹脂<4212> 871 +36
前日に業績上方修正、営業益は61億円から84.5億円に。

*総合メディカル<4775> 2567 +104
みずほや野村など目標株価引き上げの動きが相次ぐ。

*アンリツ<6754> 452 +17
みずほでは「中立」判断ながら目標株価は引き上げ。

*フジメディア<4676> 151100 +5300
シティでは目標株価を15万円から17万円に引き上げ。

*ヤフー<4689> 35750 +1100
マッコーリーでは目標株価を36000円から41000円に引き上げ。

*ミネベア<6479> 559 +17
前日の引け後に上方修正、営業益は110億円から120億円に。

*セキュアード<2392> 115100 -4900
先週からの水準訂正目立ち、利食い優勢の展開と観測。

*鬼怒川ゴム工業<5196> 406 -14
業績上方修正に伴う出尽くし感も強まる形へ。

*JUKI<6440> 178 -6
週末要因からの手仕舞い売り圧力も強まる形へ。

*ジェイテクト<6473> 1076 -33
前日に業績修正発表も、本業ベースの上ブレは織り込み済みとも。

*ナブテスコ<6268> 1162 -34
前日の投信設定で需給妙味など後退とも。

*佐鳥電機<7420> 920 -26
直近の株価上昇ピッチ早く短期資金の利食い売りも。

*エルピーダ<6665> 2064 -56
モルガンでは投資判断を「オーバーW」から「イコールW」に下げ。

*住友精密工業<6355> 302 -8
前日には業績下方修正、営業損益は2億円の黒字から7.5億円の赤字に。

*富士フイルム<4901> 3135 -80
今期の業績観測報道伝わるが、コンセンサスには届かずか。

*ヒロセ電機<6806> 10200 -250
ノキアが決算発表後に急落、関連銘柄の一角として。

*安川電機<6506> 825 -20
今期業績見通しの下ブレを警戒視する動きも強まり。

*日立製作所<6501> 398 -5
JPMでは目標株価590円まで引き上げも、利食い売りが先行。

*東芝<6502> 534 +3
前日の上方修正受けてUBSでは投資判断「バイ」に上げ。

*三菱UFJ<8306> 504 -4
引き続き、世界的な金融規制強化に対する警戒感残り。

*いすゞ自動車<7202> 280 +4
モルガンでは「オーバーW」格上げ、350円目標としている。

*川崎重工業<7012> 283 +4
大和では投資判断を「3」から「2」へ格上げ。

*新日本製鉄<5401> 341 -1
H形鋼値上げ報道など伝わるが原材料高への懸念払拭ならず。

*古河電気工業<5801> 473 +8
前日に業績上方修正、UBSでは目標株価を550円まで引き上げ。

*パイオニア<6773> 364 +3
アルパインの上方修正でカーナビ関連として物色も。

*三井物産<8031> 1508 +18
直近で下げが目立った総合商社にはリバウンドの動きも。

*富士通<6702> 644 +5
前日は社内トラブルへの警戒感再燃で後場から売り優勢に。

*トヨタ<7203> 3575 -25
ムーディーズの格下げが引き続き響く格好で。

*ホンダ<7267> 3215 +35
前期営業利益は従来予想上ブレで3600億円前後に達したとの観測報道で。

*リコー<7752> 1581 +27
引き続き想定以上の業績上方修正を評価する動きに。

*ヤマダ電機<9831> 6520 +140
昨年度の薄型テレビ国内出荷は57%増などとも伝わり。

*三井住建道路<1776> 112 -14
前日は場中の上方修正受けてストップ高まで急騰し。

*日アビオ<6946> 173 +15
通期最終損益は0.7億円から1.5億円にまで上方修正へ。

*北越メタル<5446> 247 +21
通期営業利益は14.9億円から16.8億円に上方修正。

*イノテック<9880> 663 +31
上値抵抗線突破で需給改善期待、引き続きインテル関連として。

*明星工業<1976> 280 +14
前期営業利益は24億円から34億円にまで上方修正。

*東洋機械<6210> 285 +14
足元では低位の工作機械株なども下げ止まりで。

*住金物産<9938> 235 +8
株式新聞では注目銘柄に取り上げている。

*大阪有機<4187> 715 +100
いちよしがレポート、今期は大幅な上ぶれ見込み。

*サイバーエージ<4751> 175600 +8500
今期営業利益を60億円から80億円へと上方修正。

*ダヴィンチ<4314> 1111ウ
大証の監理銘柄指定を受け処分売り。

*MDNT<2370> 47450 +6100
今期営業利益見通しを2.1億円から3.3億円へと引き上げたことを好感。

*アクロディア<3823> 126500 +4500
3D液晶ディスプレイ対応の「VIVID UI」を開発したと発表。

*ジー・モード<2333> 60000カ
前期業績の上方修正を発表、2期ぶりの営業黒字転換を好感。

*ITM<2148> 70700 -9300
前期業績は赤字幅拡大となり失望売り。

*帝都ゴム<5188> 184 +27
前期営業利益は2.4億円から3億円に上方修正で。

*さくらインター<3778> 188200 +19900
クラウド関連や足元の業績改善を評価した動きが継続。

*トランスG<2342> 30300カ +5040
米国における特許成立を引き続き材料視。

*ファンコミ<2461> 148300 +4200
アフィリエイト広告関連としてサイバーエージの上方修正が刺激材料にも。
4月23日(金)

H「週末の日経平均は続落だ。ただ今日は小幅にとどまっており比較的に落ち着いていたと言える。」

K「ただ決して強いと言う状況ではないよな。商いは低調になってきているし、押し目を買おうとする動きが乏しくなっている。やはり先行き警戒感も強いようだ。」

H「昨晩の欧州市場落ち着いていたんだが、EU統計局がギリシャの財政赤字が想定より悪化したと発表したことを機に再びギリシャ不安強まったようだ。」

K「ギリシャ国債金利は更に上昇しユーロ導入以来最高値を付けてきた。更にムーディーズはギリシャ国債を格下げし、再度の引き下げもあり得ると発表した。これらにより欧州市場は下げ、ユーロも売られた。」

H「当然のように米国市場も軟調に始まり、ダウは一時100ドル以上も下落する場面見られたんだが、終わってみればプラス引けだからな。正直ここまで強いとは驚きだ。」

K「ああ。強い強いとは思っていたが、流石に昨日は下げるだろうと見た向き多かったんだろうな。それだけに後半の上昇は売り方の買い戻しの動きが結構入っていたようだ。」

H「要因はオバマ大統領の演説だろ。金融規制改革案に関する決意表明とも言える演説だが、結構市場では警戒されていた。。」

K「ああ。それだけに拍子抜けという内容だったと言えるだろう。目新しい事は出てこなかったからな。ただ言ってみれば悪材料出尽くしと言った感じだろう。それを機に金融株などに買い戻しの動きが強まった。」

H「まあ主要指数がプラス圏まで戻せたのは勢い的な面もあるようだしな。」

K「それにやはり企業決算への期待感も相場を支えている。引け後にはマイクロソフトやアマゾンドットコムの決算発表控えていたしな。」

H「ただ、それら決算発表をうけ時間外ではそれぞれ結構売られていた。それほど悪い決算でも無いんだが、まあ出尽くしと言うことだろう。」

K「最近の米国市場の強さは企業決算への期待感が支えているのは明らかだ。それだけに来週で主要企業の決算発表ほぼ終わることから、その後の動向が懸念されるよな。相場を支える要因が無くなるんだから・・。」

H「ただ企業決算は悪くないんだ。それで下げるならば買いたい向きは多いだろう。」

K「そうだな。それだけに言うほど下げないと言う期待はあるだろう。まあその度合いは今後のギリシャ問題やゴールドマン問題などによって変わりそうだが・・。」

H「ただそれらは先行き非常に不透明だからな。そう簡単に解決しないだろうし・・・。」

K「ああ。それだけに手控える向きが増えてくるといえるだろう。日本市場でいえば来週末からはゴールデンウィークに入る。それだけに来週中に手仕舞いに動く向きは結構増えそうだしな。」

H「連休中にギリシャ問題悪い方に進展あると嫌だしな。当然ポジションクローズしてくる向きは多そうだ。」

K「ただある意味、それで売られるならば仕込み場だと見る地場者も少なくない。連休中、良い方向に進展している可能性だってゼロではないからな。」

H「確かにそうだが・・・。」

K「ただ来週主力企業の決算発表がかなりあるが、それを機に手仕舞いに動く海外勢が増えてくるかが注目だな。増えてくるようだと連休明けも警戒される。特に来月はヘッジファンドの決算期にあたるだけに海外勢の売りが出やすい時期だからな。」

H「そうだな。昨日、先週の投資主体別売買動向が発表されたが、依然として海外勢は買い越し続けている。ただ買いが細ってきているのは明らかだな。」

K「ああ。先週の外国人は現物株は確かに買い越したものの、先物は売り越しだった。ヘッジの先物売りなども当然あるが、海外勢の動き鈍くなっているのは確かだろう。まだ現物、先物合算で買い越しているだけ良いけどな。」

H「寄り前の外資注文状況も今朝久しぶりに売り越しとなった。それだけに来週、海外勢の動向が売り基調になるのかどうか注目だな。」

K「ああ。今日のクレディスイスの動向は日経225先物は売り越しだったが、TOPIX先物は買い越しとなっていた。クレディの動向も来週引き続き注目だ。」

H「まずは今晩の米国市場だな。引き続き強い展開見せて欲しいモンだが・・・。どうなることやら。」

K「そうだな。ギリシャ問題も含め今晩の欧米市場注目しておきたい。」
2010.4.23先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。