(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4.22【明日も中小型株や決算、需給を手掛かりとした物色に】

2010/04/22 11:42|未分類CM:0
動きが意味不明
円高だから?
前日の上昇以上に下がるの?
プログラム売買に振らされてるとか
ヨーロッパから売りが出てるとか
ってことはクレディスイスかな
昨日の強さはクレディスイスの買いだったらしいし
クレディスイス儲かってるのか?

持ち越し黒崎か鬼怒川か迷って
黒崎はずれ
420割れを拾って428利確
旭硝子も下がったところ買って戻りで利確
売り持ち商社はさくっと買戻した

後場
強いぜ
前場の弱さがうその様に強いぜ
前場買っても買っても
全然上がらず、もういいやって薄利利確した
旭硝子とか商船三井とか
あんな簡単に上がるのか

昼休み中、前原さんが
うんこ小沢が言ってた
高速料金見直しを
見直さないと言ったことで
前場それでディフェンシブにもかかわらず売られてた鉄道を
後場寄りで買い

持ち越して
更に寄りで買い増しして
下で更に買い増しして
むらやんさんと同じところで買ってた
クラリオン1個も売らなかったら垂れ垂れ
1個も売らずにも持ち越し予定だったけど
上がったところ少し利確しておいた

後場
出光とか東リとか日本ゼオンとか岩崎電気とか
決算発表で買われる銘柄が多かった
一番すごかったのは三井住建道路か


[株式オープニングコメント]
鬼ゴム辺りが市場のムードを支えるか
 本日も寄り付き後はこう着感の強い相場展開となりそうである。昨日の上昇によっ
て、日経平均は週初に空けたマドを埋める格好となった。現在の抵抗線として意識さ
れるところでもあり、強弱感が対立しやすいであろう。トレンドが転換するというよ
りも、調整トレンドの中でのテクニカルリバウンドである。昨日上昇の反動が想定さ
れるため、25日線レベルでの攻防から、次第に上値の重さが意識されてくる可能性は
ある。循環物色の流れが強く、比較的回転も利いているためショートポジションを取
るところではないが、資金の逃げ足はこれまで以上に速くなっていることは注視して
おきたい。
 物色としては円相場がやや円高傾向をみせていること、米国株式市場の上値の重さ
もあって、コア銘柄は手掛けづらい。鬼ゴム、ダイワボウの上方修正が発表されてい
ることもあり、仕手系色の強い低位材料株での短期的な値幅取り狙いの流れが強まり
そうである。鬼ゴムなどが他の材料株への刺激材料になるようだと、日経平均が弱含
みで推移したとしても、市場のムードは悪くならないであろう。また、本日はニッセ
イアセットマネジメントの「次世代輸送関連株ファンド(限定追加型)」が設定され
る。市場観測では500億円超が集まっているとの声も聞かれており、テーマ性として
は次世代電池、モーダルシフトなどの動向が注目される。そのほか、クラウド、3
D、スマートグリッド、北京自動車ショー、といった関連銘柄への循環物色は続きそ
うである。
 なお、21日のNY市場はダウ平均は7.86ドル高の11124.92、ナスダックは4.30ポイ
ント高の2504.61。シカゴ225先物清算値はドル建てが大証比50円安の11050円、円建
ては同75円安の11025円。ADRの日本株はNTTドコモ、トヨタ、任天堂、三井住
友、三井物、京セラ、オリックス、オリンパスなど、対東証比較(1ドル93.14円換
算)で全般小安い。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・NYダウ小幅続伸、好決算相次ぐもギリシャ問題が上値抑える
・米モルガンスタンレー、第1四半期損益は黒字転換
・NY金先物続伸、安全資産として買い優勢
・バルチック海運指数、小幅反発
・東証REIT指数、小幅続伸
・IMF、10年の世界経済見通し4.2%に上方修正

弱気材料
・ギリシャ国債、資金調達困難との見方から10年債利回り急伸
・ユーロ円相場、円高進行(124円58銭-62銭)
・半導体株SOX指数、反落
・欧州株反落、銀行株中心に軟調
・LMEニッケル先物、反落
・DRAMスポット、続落

留意事項
・政府、高速新料金見直し
・大卒採用、来春2.3%増
・厚労省、保育所の利用要件撤廃を検討
・鉄鋼連盟会長、原料高の転嫁は難航との見方
・富士通、「クラウド」世界展開でデータセンターの能力増強へ
・NYドル円相場、円安進行(93円07銭-09銭)
・NY原油先物、小幅反落(1バレル=83.68ドル)
・NY債券市場、上昇(10年債利回り0.064%下落)
・長期金利、上昇(10年債利回り1.330%)
・3月貿易統計
・3月民生用電子機器国内出荷
・3月全国スーパー売上高
・ユーロ圏4月PMI製造業景況指数、サービス業景況指数、総合景気指数
・英3月マネーサプライ
・米新規失業保険申請件数(先週)
・米3月生産者物価指数
・米3月中古住宅販売件数
・米2月連邦住宅金融局(FHFA)住宅価格指数
・米アマゾン、マイクロソフト、アメリカンエキスプレスなど決算発表



[サポート&レジスタンス]
終値            11090
5日移動平均        11055
標準偏差+2σ       11442
レジスタンス(2)     11138
転換線           11115
レジスタンス(1)     11114
ピボット          11069
25日移動平均       11069
基準線           11062
サポート(1)       11045
サポート(2)       11000
標準偏差-2σ       10696
100日移動平均      10492
先行スパンB        10425
先行スパンA        10405
200日移動平均      10271

[ランチタイムコメント]
嫌気ムードが強まらない調整
 日経平均は大幅下落。208.39円安の10881.66円(出来高概算10億8000万株)と、前
日の上昇分を帳消しにしている。利食い優勢のスタートから11000円を下回って始ま
った日経平均は、その後も為替市場での円高傾向などもあってじり安基調となった。
利食いの流れが強まる一方、目先的な調整意識から押し目買いも限られ、模様眺めム
ードが強まる格好に。東証1部の騰落銘柄は、値上り216に対して値下り1373、変わら
ず79と、値下り数が全体の8割を占めている。物色は決算評価のほか、短期的な値幅
取りを狙った中小型株物色にとどまっている。
 値上り率上位をみると、1ケタなどの超低位を除けば、そのほとんどが新興市場の
値がさとなっており、逃げ足の速い資金が、短期的な値幅取り狙いに動いている状況
である。

 中小型株については、プライムワークスなどは大幅続伸で高値を更新するものの、
寄り付き価格を下回っている状況である。上昇幅の割にはデイトレも厳しい銘柄が散
見されており、引き続き資金の逃げ足の速さには注視する必要がある。
 また、日経平均は10900円を下回ったが、テクニカル的にはもう一段の調整があっ
た方が、その後のリバウンドに向かいやすい状況であるため、それ程嫌気ムードは強
まらないであろう。中途半端な戻りよりは、終値ベースで20日の終値10900.68円を下
回った方がよい。明日も下げるようであれば、その後は目先的には10770円辺りまで
の調整を意識しつつも、今度はリバウンドを想定したスタンスに変わる可能性が強ま
ろう。
 値がさの下げが指数に影響している面が大きく、個人の比率が大きい材料株などの
下げは限られている。余力はあるため、ボトム形成後のリバウンドのタイミング待ち
となる。

[クロージング]
明日も中小型株や決算、需給を手掛かりとした物色に
 日経平均は下落。140.96円安の10949.09円(出来高概算21億7000万株)で取引を終
えた。利食い優勢のスタートから11000円を下回って始まった日経平均は、その後も
為替市場での円高傾向などもあってじり安基調となり、前場半ばには一時10866.23円
まで下げ幅を広げた。ただ、後場に入るとこれまで強い動きをみせていた新興市場の
中小型株への物色が一段と強まり、これが市場のムードを変えている。これにより日
経平均も大引け間際には10970.51円と寄り付き水準まで下げ幅を縮めていた。東証1
部の騰落銘柄は値下り数が1000を超えている状況であるが、規模別指数では小型株、
中型株指数の下げ幅は小さい。
 マザーズ、ヘラクレス銘柄を中心とした中小型株物色が勢いづいている。逃げ足の
速い資金が短期的な値幅取り狙いに動いている状況であろうが、パフォーマンスの良
さから向わない訳にも行かないであろう。引き続き資金の逃げ足の速さには注視しつ
つ、トレンドに乗る格好か。決算修正が相次いでおり、こちらも手掛かり材料となっ
ているほか、GWを控えるなかで需給妙味の大きい銘柄への踏み上げ狙いの動きも目
立つ。
 また、政府は6月にまとめる成長戦略として、新たに日本に進出する外国企業を対
象に、法人税を大幅に減免する外資導入促進策を検討していると、一部伝えられたこ
とも材料視していた。
 ただ、テクニカル面では中途半端な戻りによって、手掛けづらいところである。終
値ベースで20日の終値10900.68円を下回っていれば、その後は目先的には10770円辺
りまでの調整を意識しつつも、今度はリバウンドを想定したスタンスに変わる可能性
があった。
 本日の10900円割れをボトムとして意識するには11150-11300円辺りをクリアするの
を確認する必要はある。そのため明日に関しても、指数はこう着のなかで中小型株や
決算を手掛かりとした物色、そして需給を手掛かりとした、踏み上げ狙いといった、
テーマ・材料系銘柄が中心になりそうだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10949.09 -140.96
TOPIX978.17 -8.90
東証2部指数2320.59 +12.38
日経ジャスダック平均1332.69 +5.00
マザーズ指数490.88 +6.50
ヘラクレス指数713.73 +7.65
東証1部売買代金1兆億円
東証1部出来高21.77億株
東証1部騰落レシオ117.21%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場はダウナスダック共に小幅に続伸。S&P500指数は小幅安。欧州で
ギリシャ国債金利が上昇しており先行き不安強まっていたものの、アップルやボ
ーイング、モルガンSなどの好決算が下支えに。ただギリシャ問題によりユーロが
売られており円高進行している事から日経平均は大幅安で始まる。寄り後も売り
優勢で先物主導で一段安に。しかし後場に入ると買い戻しの動き強まって、日経
平均は下げ幅を縮小していく展開に。それでも日経平均大幅安の水準で終了。前
場から底堅さ見せていた新興市場指数はプラスに転じている。日経先物の主な買
い越し証券はみずほ、オリックス、BNPパリバ、大和、野村。売り越しはクレディ
スイス、ニューエッジ、JPモルガン、岡三、ゴールドマンなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
4205日本ゼオン 564円 +45
後場急伸。同社は14時に前期業績の大幅上方修正を発表。これをうけ短期資金も
巻き込んで派手に物色され年初来高値を更新し、今日のほぼ高値圏で引けている。
上方修正期待はあったものの、想定以上の上方修正だと・・。営業利益は従来計
画の約5割増、純利益に関しては倍増となっている。これにより今期業績への期待
感もより強まったと見る向き多く、5/13予定の本決算発表へ向け押せば買われる
展開続きそうだと。

3107ダイワボウHD 229円 +29
大幅上昇。昨日同社は前期業績の大幅な上方修正を発表。これを好感して朝から
買われる展開。低位株ということもあり短期資金も結構入って来たようだが、上
値の重さも見られている。信用買い残が結構多く残っていることからこれを機に
手仕舞い売りに動いた向きも多いのではと見る向きも・・・。子会社のダイワボ
ウ情報システムのIT事業が好調な事が主な上方修正要因。繊維事業による上方修
正でもないが、朝方は連想的に低位の繊維株に物色されている銘柄目立っていた。

3858ユビキタス 369500円 +11500
前場軟調推移だったが後場に入って派手に物色される展開に。一時379000円まで
買われる場面も見られた。同社は前場引け後に、すぐに検証できる低価格な評価
開発キット「Trial Pack」を発売すると発表。大した材料ではないものの、非常
に人気のある銘柄なだけに好材料視されたようだ。動き出せば短期資金も何処か
らともなく集まってくる銘柄なだけに、物色するきっかけさえあれば何でも良い
ようだ。まだまだ同社に夢抱く投資家は多いようで、下げれば買いたい向きまだ
多そうだと。

5196鬼怒川ゴム 420円 +3
昨日同社は前期業績の上方修正を発表。前期業績の上方修正は3度目となる。今期
も増益が期待されていることから、更に割安感強まったと・・。ただその割には
上値の重さ見られている。既に随分と息の長い相場を作ってきた後だけに、新鮮
味が欠けるとの声もあった。また米投資顧問のルネッサンスが大量保有していた
が、15日に提出された大量保有報告書では保有株減らしてきていただけに、その
売りがまだ出ているのではとの見方も。いずれにしろ単に短期物色だけで上げて
きた銘柄でないだけに、下げれば買い手は多そうだと。

3778さくらインターネット 168300円 +28800
大幅上昇で連日の年初来高値更新。新たな材料は出ていないが、クラウド関連株
として物色が継続している格好。他の派手に相場作ってきた銘柄と比べ低PERとい
うことが物色しやすさに繋がっている面もあるようだと・・・。同社は4/26に本
決算発表を予定しており、一部で期待している向きもいるようだ。ただ株価は派
手に上昇して来ていることから期待外れになるのではと警戒する声も・・・。

2450一休 48500円 +2700
しっかり上昇し年初来高値を更新。今年は暦の関係でゴールデンウィークを長め
に取れる人が多いようで、ネットで宿泊予約サービスを行う同社は恩恵を受ける
のではという思惑が以前から漂っている。今朝の日経新聞では今年のゴールデン
ウィークは遠出する人が増えそうだと報じられており、ホテル稼働率も上昇して
いるようで、思惑が強まった様子。信用取り組みも良いことから踏み上げ的な動
きも加わっているのではと見る向きも・・。5/7の決算発表へ向け一段と思惑強
まるのではと期待する市場筋もいるようだ。

===============
◆◇4/23(金)の主な予定!◇◆
===============
2月全産業活動指数(13:30)
第2弾事業仕分け開始(23日26~28日)
パナソニック3D 対応薄型大画面テレビ発売
東京製鐵、KDDI、メルコ、中外製薬、稀元素、新日本無線など決算発表
独4月Ifo景況感指数(17:00)
英1-3月期GDP速報値(17:30)
米3月耐久財受注(21:30)
米3月新築住宅販売件数(23:00)
G20財務相・中央銀行総裁会議(~24日 ワシントン)
ギリシャ13週物短期国債(19億2000万ユーロ)の償還日
北京モーターショー(~5/2)
サンパワー、サムスン電子、ハネウェルなど決算発表
[動いた株・出来た株]

*東リ<7971> 195 +19
場中に決算発表、通期経常益は8.5億円から10.5億円に増額。

*フジテック<6406> 597 +58
通期営業損益は37億円から52億円に増額修正、増配も。

*日ゼオン<4205> 564 +45
場中に上方修正発表、通期営業利益は60億円から93億円に。

*GMOペイ<3769> 177900 +11800
電子マネー関連として成長期待からの上値追いが継続。

*三和HD<5929> 341 +22
前日の前引け後に発表している業績修正を買い材料視で。

*一休<2450> 48500 +2700
GWのホテル予約堅調などとも伝わり。

*日本精線<5659> 360 +18
引け間際に上方修正、営業益は5億円から6.7億円に増額。

*新川<6274> 1470 +73
LED製造装置関連の一角として物色の矛先向かう。

*スター精密<7718> 1134 +56
マッコーリーでは目標株価を1350円から1400円に引き上げ。

*新日本無線<6911> 331 +16
明日の決算発表に向けて回復期待なども高める展開へ。

*ウシオ電機<6925> 1609 -54
前日も3D関連として上昇したが、ハイテク株安で戻り売り。



(前場)
*アイロム<2372> 2579 カ
前日に発表した監理銘柄の指定解除を好感する。

*シンニッタン<6319> 326 +39
トラック関連の一角として、直近の日野やいすゞの上方修正手掛かりに。

*ダイワボウ<3107> 225 +25
前日に業績上方修正を発表、修正幅の大きさにサプライズも。

*フィデック<8423> 19250 +1960
大株主の保有比率上昇などは伝わっているが。

*大豊工業<6470> 860 +70
業績予想を上方修正、営業益は9.5億円から14.5億円に増額。

*総合メディカル<4775> 2409 +184
前日に決算発表、今期の2ケタ増益見通しを好感する動きに。

*ジャックス<8584> 233 +12
前日に業績予想の上方修正を発表、営業利益は42億円から88億円に増額。

*兼松日産農林<7961> 144 +7
低位材料株の中心銘柄で上方修正も相次いでおり。

*トーア紡<3204> 86 +4
ダイワボウの上方修正きっかけに低位繊維株の一角がにぎわう。

*ネットワン<7518> 136400 +5800
みずほでは売り推奨継続ながら目標株価を引き上げ。

*リコー<7752> 1559 +56
前日に想定以上の業績上方修正、評価引き上げの動きも相次ぐ。

*豊和工業<6203> 85 +3
小型工作機械を増産、月80台へなどと一部で伝わっている。

*大阪機工<6205> 149 +5
調整一巡感強まるなか、材料株の一角が切り返しで。

*東洋ゴム工業<5105> 210 +7
前日には中国子会社の設立手続き完了など発表。

*東陽テクニカ<8151> 1030 +34
本日決算発表予定で期待感も先行か。

*佐鳥電機<7420> 930 +28
業績上方修正や自社株買い、PBR水準の割安感などで水準訂正続く。

*コスモ石油<5007> 268 +8
ガソリン店頭価格1年5ヶ月ぶり高値とも伝わる。

*GSIクレオス<8101> 140 +4
直近高値更新で需給改善期待、低PBRの材料株として物色。

*NOK<7240> 1538 +43
メリルでは、フジクラからの資金シフトなどに注目とも。

*ユニー<8270> 863 +23
メリルでは「アンダーP」から「買い」に格上げで1200円目標とする。

*日ユニシス<8056> 704 +16
みずほでは目標株価を910円から940円に引き上げ。

*ローソン<2651> 4170 +85
メリルではコンビニ各社を格上げ、同社も2段階格上げへ。

*Fマート<8028> 3300 +65
メリルでは「アンダーP」から「買い」に、4200円目標としている。

*フルキャスト<4848> 7230 -450
前日は長い上ヒゲ残す、短期的な過熱警戒感強まり。

*アイフル<8515> 140 -7
改正貸金業法6月施行決定などで買い材料難、信用需給動向なども警戒視で。

*ゼクス<8913> 471 -23
引き続き、四半期報告書提出遅延や需給懸念などを警戒視で。

*ラウンドワン<4680> 740 -34
値幅取り妙味が強い銘柄、本日は一転して売り対象となる。

*タダノ<6395> 470 -21
コマツの業績下ぶれ観測なども戻り売りのきっかけに。

*日東紡績<3110> 204 -8
昨日は目立った材料ないまま強い動き目立っていたが。

*タカラレーベン<8897> 490 -19
前日は上方修正を好感で上昇も。

*ハニーズ<2792> 941 -36
小売りセクター内でも物色シフトの動きか。

*セキュアード<2392> 119500 -4500
前日はCBの繰上げ償還で上昇していたが。

*ヤマハ<7951> 1157 -43
為替の円高反転なども材料に戻り売り集まる。

*日立製作所<6501> 394 0
相対的には底堅い動き、投資設定なども需給改善につながるか。

*東芝<6502> 516 -11
サンディスク上昇なども好材料視されず地合い悪に押される。

*三菱UFJ<8306> 506 -8
銀行株には米国における金融規制強化の動きを警戒視も。

*川崎重工業<7012> 279 +4
22年ぶり営業赤字への下方修正も悪材料出尽くし感につながり。

*新日本製鉄<5401> 342 -8
決算発表のJFEHDの株価軟化も警戒材料視。

*鬼怒川ゴム工業<5196> 420 +3
前日に業績上方修正も、修正幅にインパクト乏しく伸び悩む。

*三井物産<8031> 1480 -47
前日に続き軟調な動きが目立つ、海外投資家の売りが継続か。

*商船三井<9104> 694 -19
車運搬船を追加削減などとも伝わっており。

*クラリオン<6796> 192 +4
ダイワボウや鬼ゴムの上方修正が連想感も誘う格好に。

*スクリーン<7735> 524 -11
昨日はハイテク株高の流れから上昇が目立っていたが。

*伊藤忠商事<8001> 833 -23
前日より総合商社の軟調な動きが目立つ。

*黒崎播磨<5352> 417 -15
前日にはリバウンドも早々と戻り売りへ。

*トヨタ<7203> 3605 -45
為替の円高反転で戻り売り圧力強まる。

*JFEHD<5411> 3380 -80
前日に発表した決算を受けて、出尽くし感も台頭する展開に。

*コマツ<6301> 1813 -34
1-3月期の業績下ぶれ観測報道が伝わっており。

*セブンアイ<3382> 2397 +9
メリルでは「中立」から「買い」に格上げ、3000円目標に。

*エルピーダ<6665> 2069 -22
前日の業績見込み発表受け、メリルでは3200円目標に引き上げ。

*パルステック<6894> 180 -46
業績予想を下方修正、最終損益は5期連続での赤字に。

*つうけん<1940> 360 +46
引き続き、コムシスとの経営統合によるプレミアム期待で。

*TOWA<6315> 780 +19
ディスコの単独業績上方修正なども刺激となる。

*Pワークス<3627> 379500 +59500
1:3の株式分割を行うと発表したことを材料視。

*JPHD<2749> 1398 +98
厚労省は保育所の利用要件撤廃を検討すると伝わり、保育関連として物色の動き。

*アクロディア<3823> 120200 +7300
いちよしのフェアバリュー引き上げ(126000円→145000円)を好感。

*ワークスアプリ<4329> 65000 +3200
みずほでは目標株価を7万2000円から9万円へと引き上げている。

*日清医食<4315> 1270 +64
営業利益を従来予想の120億円から145.5億円に引き上げ。

*SMS<2175> 124200 -8000
営業利益を16.7億円から12.6億円へと下方修正したことを嫌気。

*ファンコミ<2461> 143900 +11900
いちよしではネットによる選挙運動解禁が追い風と指摘。

*ASJ<2351> 76200カ +10000
株式新聞がクラウド関連やSNS関連として取り上げたことを材料視。

*トランスG<2342> 24100 +3840
引き続き、米国での特許成立を評価した動き。

*アンジェスMG<4563> 162800 +2800
「コラテジェン」の第3相臨床試験治験成績が欧米専門誌に掲載される。

*ヤマックス<5285> 139 +5
前期最終損益を3.9億円から4.3億円に上方修正。

*GABA<2133> 40600 -3800
ジオスの破産申請を受け英会話スクールの先行き不透明感が強まる。
4月22日(木)

H「日経平均は大幅に反落してしまった。昨日派手に上げたと思えば、今日は派手だ。忙しいな。」

K「一時、日経平均200円以上も下落したんだが、後場結構戻した為、取りあえず昨日上げたぶんを全て吐き出さずに済んだな。」

H「ただ、一旦直近安値を割り込んでいるだけに吐き出したようモンだろう。」

K「そうだな。ただ下ヒゲ残して取りあえず悲観的な状況にはなっていない。」

H「しかし米国市場は強いモンだ。今日の下落の主な要因は恐らくギリシャ問題が再び強まったことだろうけど、それは今日わき出たことでもないからな。当然昨晩の米国市場でもギリシャ問題懸念はくすぶっていた。」

K「ああ。それでもダウ、ナスダックはプラスで引けているんだ。ゴールドマン問題もまだどうなるか不透明なのに大丈夫か?」

H「ただ企業決算かなり良いからな。結局、アップル株も昨晩はしっかりと上昇したし、モルガンSやボーイングの決算も非常に良かった。」

K「ただ引け後に発表されたネットオークション大手のイーベイの決算は悪くなかったが、見通しが市場予測をやや下回った。それが失望され時間外では派手に売られている。」

H「それほど大きく下回った訳でもないんだけどな。単に慎重なだけだろう。」

K「今は市場予測を上回るのは当然のような雰囲気になっている事から、市場予測通りや多少なりとも下回るようなら嫌気されるのだろう。この動き見ると、日本企業の決算発表ちょっと怖いよな。」

H「ああ。前期業績に関しては上方修正相次いでいるものの、市場の関心はやはり今期見通しだからな。昨日の決算発表で今期見通し開示を見送った5411JFEHDは今日も売られており、連想的に鉄鋼株が総じて軟調だった。」

K「今日は業種別指数では鉄鋼業が値下がり率トップとなっているからな。この動きを見ても今期見通しへ市場期待が強いのは明らかだ。それだけに日本企業は結構保守的に出す所多いことから警戒される。」

H「米国市場のように企業決算が下支えとなれば良いんだが・・・。」

K「ただ期待の買いは依然として入っているようであり、こんな悪地合でも6501日立などは前場からしっかりと買われていた。まあそれだけ期待が高まっていると言えるんだが・・。」

H「それだけに失望されると怖い。それにしても前場の日経平均200円以上の下落って売られ過ぎだろ。もっとも懸念されるはずの欧州市場以上に下落しているんだから。」

K「確かにそうだな。米国はギリシャ問題言うほど悪影響は受けないのはまだ解るものの、欧州にしてみれば大変な問題だ。昨晩はギリシャ国債相場の下落が止まらず金利はえらい高水準まで上昇している。これではギリシャは自力で資金調達が困難だ。それを懸念され昨晩は欧州株売られユーロも売られた。」

H「でも今日の日経平均の方が売られている。」

K「まあ円高という要因もあるんだろうけど、前場あそこまで売られたのはやはり先物売りだろうな。前場は先物商い膨らんでいることからも、明らかに先物主導の動きだろう。売ったのは言うまでも無いけどな。」

H「クレディスイスだよな。日経225先物を約3500枚、TOPIX先物を5000枚以上も売り越している。昨日は派手に買い越しただけに、売り越しに転じたわけではないと安心感も出たんだが・・・。」

K「ああ。ただクレディスイスも結構振り回されているように思えるよな。迷いが見える。恐らく今日クレディスイスが派手に先物売ってきたのは、来週開催の日銀金融政策決定会合で追加の金融緩和が見送られると報じられたことが要因だ。」

H「そういや、3月に日経新聞が日銀が追加の金融緩和に踏み切ると報じられてから、クレディスイスは買い基調に転じていたな。」

K「ああ。3月の会合で追加の金融緩和実施したんだが、一部では来週の会合でもという期待があった。恐らくクレディスイスはその警戒もあり、売り基調に完全に転じられなかったのかも知れない。」

H「しかし今朝の報道で、腹が決まったと・・・。」

K「そんな感じじゃないのか。ただ問題はその報道が朝日新聞だと言うことだ。信憑性を疑う向きも少なくない。」

H「なんかクレディスイス明日はあっさりと買い戻してきそうな気もするが・・・。」

K「どうも為替の動向にクレディスイスの先物売買動向が連動しているとの見方もある。昨日までは円高一服となっていたことから、クレディスイスは先物買い越していたが、今日は円高進行しており、クレディは先物を大幅に売り越した。つまり円高一服となれば再び買い越すのではとの見方だ。」

H「まあ、以前からクレディスイスは為替と先物との裁定取引を行っているのではという見方もあるからな。」

K「いずれにしろクレディスイスの先物動向に日本市場は大きく影響を受けていると言うことだ。」

H「それだけ目は離せないな。」

K「取りあえず今晩の欧州市場や為替市場は落ち着いているものの、不透明感はまだまだ強いからな。この先どうなっていくかは不透明だ。ただ大きく上昇していくと言う期待は乏しいように思えるが・・。」

H「だよな。ギリシャ問題が今日完全払拭されるはずもないだろうし・・・。」

K「色々なところで安心させるような声明やコメントが流れているものの、市場は全く信じていないようだしな。」

H「だからあれほどギリシャ国債金利が上昇するんだろうからな。」

K「まあ、取りあえず日本市場にして見れば、為替だけは落ち着いて欲しいモンだけどな。」

H「そうだな。その為にも今晩の米国市場引き続き強さ見せて欲しいもんだ。」
2010.4.22先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。