(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金男に喧嘩売って勝てるのか

2010/04/17 14:22|未分類CM:0
=================
◆◇地場者の立ち話~番外編~◇◆
=================
T「今週の日本市場は揉み合いだった。まあ週末には派手に売られてしまったも
のの、それまでは比較的に底堅くしっかりの相場だったと言えるだろう。」

M「ああ。TOPIXは1000ポイント台に乗せ年初来高値を更新したしな。
今週はなんせ米国市場がやたら強かった。」

T「やはりインテル決算が大きい。あれほど期待されていながらも、期待以上の
決算となったからな。1-3月期実績も4-6月期見通しも予測を上回り、まさ
にパーフェクトとも言える決算だった。」

M「アルコアは予測下回ったもの、他の企業の決算など見る限り、米国企業決算
は総じて良いと言えるだろう。」

T「ただ問題は株価反応が鈍くなってきたと言うことだな。」

M「ああ。インテル決算まではしっかりと好感されていたんだが、どうもそれを
機に全体相場は重くなってきたし、好決算のグーグルやAMDが発表直後の時間
外であれだけ派手に売られたのも解せない動きだ。」

T「ただグーグルは期待感が強すぎたと言うこともあるだろう。インテル決算の
影響もあり、グーグルもインテルのように期待以上の好決算を出すという投資家
心理が直前になり高まった。」

M「まあ決算発表数日前からグーグル株は結構上げてきていたからな。期待が高
ぶっていたことは確かだけどな。」

T「ああ。それにインテル株は昨日は売られたとは言え、地合の割に底堅さ見せ
ており、依然として決算発表前の水準からは上げている状況だ。やはりグーグル
は期待以上では無かったと言うことだろ。」

M「そのグーグルが時間外で派手に下げていることをうけ、昨日の日本市場は派
手に売り込まれてしまった。ただこれも不自然だよな。下げるのは仕方ないにし
ろ下げすぎだろう。


T「だよな。日本市場やっているとき確かに時間外の米先物は軟調だったが、小
幅安程度だったし、日経平均あそこまで売り込まれるのも不自然だ。」

M「その割にTOPIXは底堅かったということは、結局先物主導だといえるか
もな。グーグルネタで仕掛けてきたのか、単純に手仕舞いに来たのか・・。」

T「クレディだろ。昨日は日経225先物だけで5000枚以上売ってきたから
な。ただ現状クレディのポジションは大量の買い持ちとなっている。3月上旬辺
りから買い越しに転じてつい最近まで買い越し基調続けていたからな。だから手
仕舞いに来たんじゃないのか。」

M「まあクレディの先物ポジションが単独のポジションかどうかは解らないけど
な。何かとの裁定取引との見方もある。単純に現物株との裁定取引ではなく、為
替や他の市場の先物とか色々と言われている。」

T「まあそればかりは当事者でないと解らないが、はっきり言えることはクレデ
ィの先物動向と日本市場は結構リンクしていると言うことだ。」

M「ああ。クレディが本格的に売ってくれば日経平均下げ、買ってくれば上げる
。そういう先物売買をしているのは確かだな。それだけにクレディの動向は無視
できない。」

T「それに今週後半は再びギリシャ問題が度々懸念となり相場の重しとなってい
た。」

M「週明けはギリシャ支援の具体策が決まり合意したと言うことから、安心感強
まったんだけどな。それもつかの間で再び懸念視されてきたからな。」

T「ああ。米国市場はともかく日本市場は円高が絡んでくるため相場の重しとな
りやすい。」

M「そうだな。まして中国の人民元引き上げと言う懸念もくすぶっていることか
ら円がやたら強いから尚更だ。」

T「最近の日本市場が、米国市場しっかりの割に上値追えないのもその為だろう
な。」

M「ああ。特に日経平均はそうだろう。日経平均は主力輸出株の影響が大きい。
一方TOPIXは主力内需株の影響が大きい。今週は日経平均よりTOPIXの
方がしっかりだったことも、やはり為替がネックになっていると言えるだろう。」

T「今週はハイテク株に影響を大きく与えるインテルが好決算で派手に上げたに
も関わらず、日本のハイテク株はイマイチ弱いのもやっぱり為替だろうな。」

M「4月上旬には1ドル94.50超まで円安進んだのだが、それからは基調が
変わってしまい円高基調となっている。転換したのが10日前だ。昨日までの
10日間の日経平均みると、陽線は1度だけで9日間が隠線となっている。」

T「米国市場しっかりのため、買われて始まる日もあったが、そう言う日でも売
りに押され隠線となることが多かったな。」

M「それを見てもやはり為替の影響を大きく受けていると言えるだろうな。はっ
きり言えばこの為替水準では、日本の輸出株はこれ以上、上値を買えないと見て
いる向きが多いと言える。更に上値を買うならば、為替がもっと円安に振れる必
要があるというわけだ。」

T「裏を返せば、更に為替が円高へ行くならば、輸出株はもっと売られると言う
ことだな。」

M「ああ。残念ながら昨晩は円高が進行してしまった。ギリシャ問題がくすぶっ
ているという要因もあるが、昨晩の米国市場では新たな懸念が浮上しており、そ
れも円高要因となっている。」

T「ゴールドマンだな。」

M「ああ。SECはゴールドマンを証券詐欺の疑いで民事提訴したと報じられて
いる。サブプライム絡みの詐欺だそうだ。下げると解っているものを投資家に売
りつけたようだな。それでゴールドマンは多額の利益を得たってんだから、問題
だよな。」

T「まあゴールドマンはそれだけでなく、結構あくどい手法が問題になっていた
。ギリシャの債務隠しにゴールドマンが荷担し巨額の利益を得ていたと報道も以
前あったような。」

M「ゴールドマンは他にも色々と変な噂が色々と言われているからな。」

T「ただ不思議と問題にならない事も多いよな。ギリシャの債務隠しに荷担なん
てことが事実ならえらいことだが、何故か言うほど問題視にはされていない。」

M「良く言われているのはゴールドマンは政界との繋がりが非常に強い。その絡
みから大問題にならないのかも知れない。」

T「ただSECは提訴に踏み切ったということは、もう黙ってられないという事
かも知れないよな。」

M「ああ。これによりオバマ政権が本腰入れて金融改革に動くと言うこともあり
、先行きどうなるのか不安だな。」

T「これを機に色々な事が明るみに出てこなければ良いのだが・・・。」

M「まったくギリシャ問題もまだ片付いていないのに、今度は再び米金融不安か
・・。いい加減にして欲しいモンだ。」

T「ある意味、まだサブプライム問題は終わってはいなかったと言えるのかもな
。」

M「一時的な懸念で済めば良いけどな。」

T「来週にはギリシャ問題も良くも悪くも進展する事になり、結構波乱含みかも
しれない。」

M「ああ。ギリシャは国債償還を迎える。それに絡んでEUやIMFに支援要請
するのではと言われており、それがどう転ぶのか注目される。」

T「先週合意した救済策に関して問題が浮上しているしな。市場金利からかけ離
れた低金利で支援するのは問題だとか、ドイツはやっぱり支援したくないような
事も言い出しているし・・。」

M「一部では、ドイツはユーロ離脱するという噂まで飛び交っている。そんなこ
とになればユーロは暴落しえらいことになる。単なる噂で済めが良いのだが・・
・。」

T「一部の外資系証券がレポートでその可能性を示唆したようだな。」

M「ああ。そのレポートもユーロ安誘導目的ではと見る向きもいるようだけどな
。」

T「とにかく来週、どういう展開になっていくのか注目しておきたい。」
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。