(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4.16【外部環境を警戒し、利益確定売りが優勢】

2010/04/16 11:30|未分類CM:0
ユーロ上昇
NYも6日続伸
でも日本だけ大暴落
弱いからそのうちダウに抜かれると思ったら
あっという間に抜かれた
日本終わってる

それにしても毎日為替は9時に下げる
わざとだよね
元の切り上げが今日明日にもあるとの観測らしい
それって円高要因なのか?

内需は外国人が買ってるのかな
銀行、不動産、保険結構強い

今日持ち越しはまあトントンくらいか
プロミスとかジャフコとかDガレージとか
ユビキタスも持ってたが使えなかった

後場
日本最弱っぷりすげーな
V字狙って三菱地所1628で何度となく買ったんだが
上げてはちょっと利確して
下げたら買って
上げたら利確して
下げたら買って
だんだん上値を切り下げやがって
もういいやって最後同値で残り売った

で、今日はなんで売られたの?
元切り上げ警戒?
グーグルの決算?
過熱感とか言われてるが
ここんとこ陰線ばっかりでめちゃんこ冷え冷えなんだが


[株式オープニングコメント]
*08:11JST 全体は保ち合い継続、好需給銘柄の踏み上げを狙った動き
 本日の東京市場は、引き続きこう着感の強い相場展開が予想される。NYダウが小
幅ながら6営業日続伸と、海外市場は堅調であるが、ネット検索大手グーグルが予想
上回る決算発表後に時間外で下げに転じている。また、半導体大手AMDについても
時間外で一時買いが優勢となるものの、その後は利益確定に押されている。ともに業
績内容は評価されるが、期待感から買いが先行していた反動であり、下への警戒はな
いものの、上値追いの流れは期待しづらいであろう。
 また、為替市場でもドル、ユーロともにやや円高に推移していることも手掛けづら
い要因となる。日経平均についても年初来高値をつけた5日以降、陽線はわずか1日で
あり、8日間は陰線である。週末要因もあって本日も陰線が意識されそうであり、こ
う着感を強めるなかで引き続き材料系の銘柄に向かいそうである。
 物色としては「野村クラウドコンピューティング&スマートグリッド関連株投信」
の設定を背景に、関連銘柄への利食いと押し目買いとの強弱感が対立しよう。1000億
円程度は集まっているのではないか、との声が聞かれており、デイトレとすれば関連
銘柄への手掛かり材料になる。そのほか、相場全体がこう着を強めたとしても、トレ
ンドが強く好需給の銘柄には、踏み上げを意識した動きを強めやすい。特に来週に入
ってくると、翌週からのゴールデンウィーク入りによる逆日歩発生への思惑が強まり
やすくなりそうだ。
 なお、15日のNY市場はダウ平均は21.46ドル高の11144.57、ナスダックは10.83ポ
イント高の2515.69。シカゴ225先物清算値はドル建てが大証比25円高の11295円、円
建ては同変わらずの11270円。ADRの日本株はNTTドコモ、コマツ、菱地所、ト
ヨタか小じっかり。半面、三井住友、任天堂、京セラ、日電産、シャープが小安いな
ど、対東証比較(1ドル93.08円換算)で高安まちまちだった。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・NYダウ6日続伸、主要企業決算に対する期待感高まり
・米4月NY連銀製造業業況指数、市場予想を上回る
・半導体株SOX指数5日続伸、インテルが連日の大幅高
・IMF、ギリシャ支援を協議へ
・欧州株堅調、銀行株が全面高
・NY金先物、小幅続伸
・LMEニッケル先物、大幅続伸
・バルチック海運指数、3日続伸
・4月第1週の外国人、大幅買い越し継続
・日銀、全国9地域中7地域の景気判断引き上げ
・ヘラクレス指数、リーマン・ショック前水準を回復

弱気材料
・米失業保険申請件数、事前予想を上回る増加
・米グーグル、市場予想を上回る決算も投資家期待に達せず時間外下落
・DRAMスポット、続落
・東証REIT指数、反落
・普天間問題、官房長官は来月末の合意を断念

留意事項
・アゼアス<3161>大証ジャスダックに上場
・ベトナム計画投資相「原発、日本企業も参入可能」
・三菱重、アイスランド電力大手と地熱発電で提携
・ソフトバンク、「ビクター」「テイチク」買収で大筋合意
・東証1部騰落レシオ144.86%
・NYドル円相場(93円08銭-10銭)
・ユーロ円相場、(126円35銭-40銭)
・NY原油先物、反落(1バレル=85.51ドル)
・NY債券市場、反発(10年債利回り0.027%低下)
・長期金利、低下(10年債利回り1.360%)
・EU25カ国3月新車販売台数
・ユーロ圏3月消費者物価指数
・米3月住宅着工、建設許可件数
・米4月ミシガン大学消費者信頼感指数
・米GE、バンクオブアメリカ決算


[サポート&レジスタンス]
終値            11274
5日移動平均        11219
標準偏差+2σ       11471
レジスタンス(2)     11343
レジスタンス(1)     11308
ピボット          11282
転換線           11248
サポート(1)       11248
サポート(2)       11221
25日移動平均       11024
基準線           10978
標準偏差-2σ       10577
100日移動平均      10433
先行スパンB        10425
先行スパンA        10285
200日移動平均      10245

[ランチタイムコメント]
材料系も厳しく、中小型株での省エネ相場に
 日経平均は大幅下落。152.26円安の11121.53円(出来高概算11億1000万株)で前場
の取引を終えた。海外市場は堅調であったが、時間外でのグーグルやAMDの下げ、
為替市場での円高傾向などを背景に利益確定の動きが優勢となった。また、国内系か
らのバスケット売り観測なども売りを仕掛けやすい状況であった。寄り付き後は
11200円レベルでのこう着が続いていた日経平均であったが、このレベルを下回ると
下げ幅を広げる格好に。また、SQ値の11146円を下回ったことも売りを誘った感は
ある。
 東証1部の騰落銘柄は値上り382に対して値下り1121、変わらず151と、値下り数は
全体の6割を占めている。物色としては、セクターではノンバンク、不動産の一角が
堅調な他は、総じて冴えない展開。個別ではスクリーン、木村化など格上げやテーマ
銘柄の一角が物色されている。しかし、黒崎播磨が保証金率引き上げの影響から大き
く下げており、他の材料系の中核処である鬼ゴムなどの下げもあって、材料株物色も
手控えられている。そのため、省エネ相場的な流れとなり、新興市場の中小型株での
短期的な値幅取り狙いの流れが活発化している。
 ツガミの調整に次いで、黒崎播磨、鬼ゴムの下げによって商いを伴った材料株物色
は期待しづらい。売り禁などは影響しないが、保証金引き上げといった要因は、短期
資金中心に循環しているマネーが限られているため、嫌気されているようである。今
晩のNY市場はグーグルやAMDの時間外の下げの影響も考えられ、積極的な押し目
買いも入りづらいため、週末特有の模様眺めの展開になろう。物色としても、低位銘
柄での数量商いではなく、新興市場の値がさの中小型株での省エネ相場に向かいやす
い。
 なお、日経平均は11114.30円まで下げている。心理的には25日線が位置する11000
円辺りがボトムと意識されよう。この水準で止まれば問題はないが、1月の戻り高値
の10982円を下回るようだと、調整トレンド入りとなる可能性が高まる。

[クロージング]
外部環境を警戒し、利益確定売りが優勢
4月16日の日経平均株価は反落。為替市場が1ドル=92円台後半まで円高へ振れたほ
か、好決算を発表したインターネット検索大手グーグルが米時間外取引で急落したこ
とも重しとなり、序盤から利益確定売りが優勢となった。後場はアジア株市場の軟調
推移も嫌気材料視され、下げ幅は一時200円近くに達する場面もあった。その後は売
り急ぐ動きが止まったものの、週末とあって積極的に戻りを試す動きは乏しく、大引
けにかけて当日の下値圏で揉みあう展開となった。
大引け概算の日経平均株価は前日比171.61円安の11102.18円。東証1部市場の売買高
は22億2185万株、売買代金は1兆5102億円。騰落銘柄数は値上がり320、値下がり
1256、変わらず96。
業種別ではその他金融業が上昇。一方、鉄鋼、ゴム製品、機械、化学、ガラス・土石
などが下落。個別では井筒屋<8260>、スクリン<7735>、日立<6501>、JVCケンウ
<6632>、NTTドコモ<9437>などが上昇。一方、黒崎播<5352>、鬼ゴム<5196>などが
下落。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均11102.18 -171.61
TOPIX988.84 -10.06
東証2部指数2298.97 -11.57
日経ジャスダック平均1326.27 -0.67
マザーズ指数494.94 -1.84
ヘラクレス指数693.63 -7.93
東証1部売買代金1兆5102億円
東証1部出来高22.21億株
東証1部騰落レシオ130.62%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は強い製造業景気指数を好感。引け後に予定されているグーグル
決算期待も下支えに。ただギリシャ問題先行き不透明感強まっている事が重しと
なりダウナスダック共に小幅高にとどまっている。引け後に決算発表したグーグ
ル、AMDが時間外で大幅安となっていることを嫌気し、日経平均軟調に始まる展
開。為替も円高進行してきたことも重しとなり寄り後も売り優勢。前場中盤から
は先物主導で下げ拡大していく。後場も軟調だが日経平均11000円割れでは押し
目買いも見られ下げ渋るも、戻りは限定的で日経平均大幅安で引けている。日経
先物の主な買い越し証券はカブコム、大和、三菱UFJ、トレイダーズ、ゴールド
マン、松井、野村、ドイツ、フォルティス、SBI、BNPパリバ。売り越しはクレデ
ィスイスが突出、メリル、立花、岡三、JPモルガン、JPモルガン、UBS、ニュー
エッジ、モルガンSなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
8151東陽テクニカ 932円 +107
大幅上昇。14時に発表した2010年9月期の上方修正と増配を好感され派手に物色
されている。大幅な上方修正であり、9月末権利の期末配当は32円から54円に上
方修正された。配当利回りは1000円まで買われても5.4%ということになり、ポ
ジティブサプライズとなったようだ。小型の貸借銘柄で空売りも入っていたこと
から踏み上げ的な動きも加わった様子。PBRも1倍割れ状態の銘柄なだけに、これ
を機に見直し買い継続するのではと期待する声も多い。取りあえずPBR1倍程度の
1050円どころを目指すのではと・・・。

8260井筒屋 75円 +20
一時83円まで買われる場面も。昨日同社は本決算を発表しており、今期見通しが
ポジティブサプライズとなったようだ。今期は減収ながら、大幅増益となってお
り、1株利益は12.65円になる見通し。一気に低PER銘柄と化したものの、計画達
成にはかなり不透明感強いと見る向きは多い。また同時に発表された中期経営計
画は最終年度のH24年度には売上高746億円、営業利益17億円を目指すとの事だが、
この数字は今期見通しより大幅な減収減益となる。今後減収続く見込みだけに今
の株価に割安感無いと見る向き多い。ただ仕手性強い銘柄なだけに短期資金集ま
りやすく、それだけで何処まで行けるか注目だと。なお本日後場から日証金は売
り禁に設定している。

3793ドリコム 671000円 +100000
ザラバ寄らずのストップ高。昨日同社は前期業績見通しを上方修正。携帯電話の
着せ替えコンテンツ事業が好調なことや、ミクシィなどのソーシャルゲームに関
する事業が好調で売上げ計上することが要因。これを好感し大きく買われている。
ただ割安感は依然乏しく、今期業績拡大期待が買いを集めているようだ。ザラバ
寄らずのストップ高は過剰反応との見方も多く、流動性乏しい事が功を奏してい
る状況だと・・。裏を返せば下げるときも早いだけに警戒する声もあるようだ。
同社の上方修正に刺激を受け今日はソーシャルゲーム関連株に買われている銘柄
目立っている。

5352黒崎播磨 442円 -55
大幅に下落。寄りつきから大量の売りが出て大幅安で寄りつく展開。寄り後も戻
り限定的で下げ幅拡大して引けている。東証は同社株を本日より信用増担保規制
を実施すると発表。これを嫌気して売られているようだが、単純にそれだけで売
られている訳でも無さそうだと見る向き多い。それに加えて本格的に手仕舞いに
動いていた向きがいるのではと・・。同様に息の長い強いを作ってきた5196鬼怒
川ゴムも寄りつきから大きく売られた。これら2銘柄は中低位株物色の中心的な
銘柄だっただけに、今日は他の中低位株も大きく売られている銘柄目立つ。リバ
ウンドあっても基本的に相場は終わったと見る向き多い。

8591オリックス 8500円 +120
年初来高値を更新。一時8660円まで買われる場面も。特に材料は見当たらないが、
海外勢に買いが入ってきているとの見方。最近の海外勢はハイテクなどの輸出株買
いから、内需株買いに転じてきているようで、同社株にもその手の資金が入ってき
ている様子。その他金融株だけでなく、銀行や保険、不動産株といった内需の主力
系株に海外勢の買いが入っていると・・。その影響もあり、TOPIXの下げは限定的
となっている。来週以降も海外勢による内需株買いが続くと見る向き多いようだ。

===============
◆◇4/19(月)の主な予定!◇◆
===============
3月全国百貨店売上
3月消費者態度指数(14:00)
3月日本製半導体製造装置BBレシオ(16:00)
東宝不動産、東宝、松竹、安川情報など決算発表
米3月コンファレンスボード景気先行指数(23:00)
IBM、シティグループなど決算発表
[動いた株・出来た株]

*東陽テクニカ<8151> 932 +107
業績予想と配当予想の上方修正を発表、利回り妙味高まる。

*JVCケンウッド<6632> 62 +6
傘下の音楽2社をソフトバンクが買収交渉と再度伝わり。

*東栄住宅<8875> 945 +54
3月の高値水準突破で需給改善期待なども。

*総合メディ<4775> 2137 +95
メリルでは「アンダーP」から「買い」に2段階格上げ。

*武蔵精密<7220> 2010 +82
モルガンでは自動車部品業界のポジティブなレポートもリリース。

*稲畑産業<8098> 489 +17
二次電池関連としてのテーマ性や低PBR水準など材料に上昇基調継続。

*酒井重<6358> 171 -9
前日は上げ幅目立ち短期資金の利食い売り優勢に。

*日本金属<5491> 173 -9
低位材料株波乱のなか、信用買い残なども重しに。



(前場)
*井筒屋<8260> 81 +26
前日に決算発表、今期の最終大幅黒字転換などにインパクトで。

*サンフ不動産<8934> 17000 +2100
中小型不動産の一角が本日は値幅取り対象に。

*丸栄<8245> 148 +13
前日に決算発表、営業損益の黒字転換見通しなどで。

*スクリーン<7735> 500 +33
野村では目標株価を626円から915円まで引き上げ。

*東急リバブル<8879> 946 +61
前期営業益は19.2億円から32.4億円にまで上方修正。

*高松コンスト<1762> 1213 +69
前日に業績上方修正、営業益は54億円から74億円に。

*岩井証券<8707> 605 +30
コスモ証券の買収を発表、業容拡大を評価する動き。

*シンプレクス<4340> 53600 +2600
取引所がFX取引顧客獲得に動くとの報道も。

*タカタ<7312> 2390 +101
回復企業として特集記事が掲載される。

*ランドビジネス<8944> 23400 +900
財務体質が良好な中小型不動産株として人気継続。

*日野自動車<7205> 422 +15
前期営業損益は90億円の赤字予想から一転10億円の黒字に。

*バルス<2738> 99900 +3400
中国進出などを期待材料に上値追いの動きが継続で。

*ケネディクス<4321> 31750 +1000
ヘッジファンドや個人投資家は中小型不動産株に資金の矛先。

*黒田電気<7517> 1401 +42
いちよしではレーティングを「A」に格上げ。

*エプソン<6724> 1627 +46
GSでは「中立」から「買い」に格上げ、コンビクション採用。

*オリックス<8591> 8590 +210
中小型不動産株物色の流れがノンバンクに波及とも。

*ゼクス<8913> 518 ウ
四半期報告書の提出遅延に伴う先行き不透明感で。

*大阪機工<6205> 140 -16
低位材料株一斉安の流れに押される格好で。

*黒崎播磨<5352> 451 -46
東証の委託保証金率引き上げがマイナス材料視される。

*鬼怒川ゴム工業<5196> 429 -35
黒崎播磨の取引規制強化の影響を警戒で。

*CSK<9737> 424 -30
岩井証券にコスモ証券売却発表も、特別損失の発生などで。

*フィデック<8423> 15910 -1010
信用取引規制の影響を引き続き警戒視も。

*セントラル硝子<4044> 445 -28
ドイツでは投資判断を「バイ」から「ホールド」に格下げ。

*マルエツ<8178> 405 -25
今期の2ケタ減益計画を引き続き嫌気材料視で。

*富士興産<5009> 98 -6
前日は石油株物色の流れに乗って短期資金の買いを集めたが。

*セキュアード<2392> 113600 -6800
大和の高評価もあって中小型不動産株の中でも強い動き目立っていた。

*JUKI<6440> 201 -12
鬼ゴムや黒崎播磨とともに大幅水準訂正果たした材料株として。

*東京機械製作所<6335> 121 -7
前日は急伸も長い上ヒゲを残す格好で。

*品川リフラクト<5351> 306 -17
黒崎播磨の株価急落に連れ安する展開へ。

*JFE商事HLDG<3332> 417 -23
鉄鋼株安の流れが鉄鋼商社にも波及する形で。

*イマージュHLDG<9947> 307 -15
直近安値水準割り込んで下値不安など台頭の形に。

*エンシュウ<6218> 124 -6
工作機械関連としてOKKなどとともに上昇目立っていたが。

*イオンディライト<9787> 1605 -77
好決算評価で前日に大幅高も短期資金の利食い先行。

*北川鉄工所<6317> 170 -8
足元で株価上昇目立った材料株として売り対象になる。

*住石HLDG<1514> 107 -5
材料株物色ムード後退で信用残整理の動きに。

*加藤製作所<6390> 219 -10
前日の株価一段高で短期的な過熱警戒感も。

*神栄<3004> 177 -8
前日には目立った材料ないまま株価急騰で。

*東芝<6502> 509 -4
シティが目標株価引き上げも全体株安に押される。

*日立製作所<6501> 379 +6
海外投資家の資金流入観測が強い銘柄でもあり。

*三菱UFJ<8306> 515 -2
前期の業績観測など伝わるがインパクトは乏しく。

*全日本空輸<9202> 286 -8
アイスランドの火山噴火で運行への影響が懸念とも。

*新生銀行<8303> 130 -5
改めてファイナンス懸念などを織り込む動きにも。

*日本板硝子<5202> 289 +7
社長人事を評価する動きが先行と観測。

*商船三井<9104> 688 -11
前日は強い動きが目立ち戻り売り優勢に。

*新日本製鉄<5401> 354 -5
世界的に鉄鋼株の調整色が目立ち始めていると。

*トヨタ<7203> 3695 -15
米運輸省のSUV調査や為替の円高などで。

*三菱地所<8802> 1643 +16
全般的に不動産セクターに関心高まる流れに。

*三菱商事<8058> 2428 -44
リオティントの銅生産見通しなど嫌気材料に。

*東京エレク<8035> 6380 -180
今期業績観測報道伝わるがコンセンサスは下ブレで。

*第一生命<8750> 156000 -2800
需給イベント通過で手仕舞い売りが優勢に。

*富士通<6702> 625 +4
みずほでは目標株価を700円から750円に引き上げ。

*中部電力<9502> 2296 +46
メリルでは「買い」に格上げ、2850円目標としている。

*インテリックス<8940> 89400 +4700
岡三では投資判断を新規に「強気」としている。

*三井情報<2665> 17150 +970
目立った材料はなし、東証2部では1株単位銘柄の上げ目立つが。

*魚喜<2683> 159 -19
株主優待制度の廃止を発表。

*原弘産<8894> 95 +22
引き続き、今期の収益回復見通しを手掛かりに。

*アゼアス<3161> 500
本日、新規上場となり初値は公開価格と同値の470円となる。

*ドリコム<3793> 671000カ
営業利益は8900万円予想から2.1億円へと大幅に上方修正。

*ベクター<2656> 168800 +9300
ドリコムの上方修正を受け、ソーシャルゲーム関連として物色の動き。

*ADワークス<3250> 22000 +3400
前期営業利益を4.3億円から4.9億円へと上方修正。

*リミックスポイント<3825> 32050 -6950
過去決算の一部会計処理修正の可能性が判明し見切売り。

*アクセルマーク<3624> 130600カ +30000
メルセデス・ベンツ「スマート」のiPhoneアプリ提供開始を材料視。

*ソフトウェアS<3733> 1540 +63
3月売上高は前年同月比2.7倍と好調が確認され。

*セガトイズ<7842> 452ウ
元従業員による不正取引が判明したとの発表を嫌気。

*ケイブ<3760> 186100 +36100
サイバーSやガンホーの急騰が刺激材料、オンラインゲーム関連強い。

*パイオン<2799> 17380カ
業績予想の上方修正を評価する動きが継続。

*サミーネット<3745> 296200 +23300
前期最終利益を10.5億円から12億円へと上方修正。

*GCA<2174> 106800 +10500
株式新聞に取り上げられたことを材料視とも。
4月16日(金)

H「週末の日経平均は波乱的な下落となった。終始軟調な展開で久しぶりの大幅安だな。」

K「ああ。為替がザラバ中、結構円高進行したことが売りに拍車をかけたと言える。」

H「中国の人民元引き上げ懸念や、ギリシャ問題先行き不透明感が強まったことが円高の要因だろうな。」

K「今晩の欧米市場への警戒が結構強かった面もあるだろう。ただ今日は明らかに先物主導だな。先物手口見ると明確だ。クレディスイスが久しぶりの大幅な売り越しで、今日の下げを物語っている。」

H「なんか完全に売り越しに転じたっぽいよな。クレディスイスは買い基調続けていたんだが、今日の売り方を見るとそんな感じだ。」

K「そうだな。日経225先物だけで約5800枚だ。TOPIX先物も2500枚程度売っている。」

H「売り越し続けなければ良いんだが・・・。」

K「昨晩の米国市場は底堅くしっかりとプラスで引けた。製造業景気指数が良かったことや、引け後に予定されていたグーグル決算への期待感も下支えとなった。」

H「ギリシャ問題先行き不安や先週の新規失業失業保険申請件数が多かったことが重しとなったが下値は限定的だったからな。」

K「ああ。ただ引け後発表されたグーグル決算が悪くはないんだが、時間外で5%近くも下げている。半導体大手のAMDも決算発表悪くないものの時間外で5%近くも下げていた。これらにより今晩の米国市場ではハイテク株中心に売られると言う懸念が強まった。」

H「しかしグーグル決算も5%近くも売られる悪い決算でもないだろう。幾ら先回り的に上げていたと言っても。」

K「そうだな。出尽くしというのも解るが、出尽くしにしては売られすぎといえるかもな。まあそれだけ期待が強く、市場予測を大きく上回るという期待も強かったようで失望を招いたようだが・・。ただ一部ではヘッジファンド辺りが手仕舞いに動いてきたとの見方もあるようだ。」

H「決算に失望してか・・・。」

K「そうじゃない。決算を機に手仕舞いに来たと言うことであり、決算の内容は関係なく、決算発表を機に手仕舞いしようと決めていた可能性がある。」

H「なるほど。まああり得ない話でもないが・・。」

K「日本市場も同様だ。今日の下落、ちょっと過剰反応とも言えるだろ。まあ先物に大量の売りが入ったと言うこともあるが、個別株にもヘッジファンドらしきの手仕舞い売り見られている。」

H「ようは彼らの自分たちの都合で売ってきたと言うことか・・。」

K「そう言う向きがいるのは確かだろう。それだけに、その売りが尽きれば下げ止まり、下落も続かないと言うこともあるが、これを機に追随して手仕舞いに動く向きが増える恐れもある。」

H「なるほど。ただ下げれば押し目買いも入るだろうし、下値限定的になりそうだが・・。今日は週末ということもあって無理に押し目買い入れる向き乏しかったようだが、来週になれば押し目意欲はもっと増える期待はある。」

K「問題はどの程度の押し目で買いを入れてくるかだろう。この程度の下落で早速押し目買い入れるのは個人投資家位だろう。押し目を狙っている機関投資家などはやっぱりもっと下落しないことには買ってこない。」

H「確かにそれは言えるかもな。来週は日経平均25日移動平均線を維持できるか注目されているが、取りあえずその辺では個人投資家の押し目買いも入るだろう。」

K「海外勢の売りが出なければ個人投資家の押し目買いで下げ渋ることは出来そうだが、海外勢売ってくるようだと支えるのは難しいだろうな。恐らく25日移動平均線割り込むときは寄りつきから25日線下で始まると言うことになるかもな。」

H「今日の時点で25日線は11040円どころだからな。寄りつきからそれを下回ると言うこともあり得ない話でも無いが、今日これだけ派手に下げているんだ。ちょっとくらい米国市場下げても織り込み済みだろう。」

K「ああ。基本的にはそうだろうな。ある意味、日経平均の今日下落は今晩の米国市場大幅安をある程度想定しているような下落だ。小幅安程度にとどまれば、週明けは日経平均上げる事になる。まともに考えればな・・。ただ今日の日本株の下落が単純に米国市場警戒だけで無いなら話は別だ。」

H「本当に手仕舞いに動いて来たヘッジファンドなどがいるならば、米国市場関係なく週明けも売られると言う訳か・・。」

K「そう言う恐れもあるだろうな。まあ後は為替なども当然影響するだろう。やはり円安進行し米株それほど下げないならば、個人投資家などの押し目買い意欲は強まるからな。それに追随売りも引っ込む期待もある。」

H「ただ日経平均は派手に下落しているが、TOPIXはそれほど下げていないんだよな。」

K「それだけ先物主導とも言えるが、TOPIX寄与度が高いメガバンクなどが底堅いと言うこともあるだろう。やはり寄与度大きいNTTドコモは上げているしな。つまりこれらには強い買いがまだ入っていると言える。」

H「最近は外需系より内需系株が比較的に強くなっているからな。外需系銘柄はもう既に買いが完了してしまったと言うことかもな。」

K「それなら、やはりある程度下げていくか、外需系企業の業績を押し上げる円安へ振れないことには買い手は乏しいといえるだろう。まあ最近に日経平均はやたらと陰線が目立っている事からも、日経平均寄与度の大きな銘柄には買い手より売り手の方が多い証拠だろう。」

H「いずれにしろ一昨晩の米国市場あれだけ大きく上昇したにも関わらず、昨日の日経平均は上値限定的だった。つまり米国市場の上昇だけでは上値も追えなくなってきていると言うことか・・。」

K「そう言うことだな。他に買い材料が出てこないことには上値も追えないと言うことだ。やっぱり円安に進行していく事が必要だろうな。」

H「とにかく、まずは今晩の米国市場どういう展開となるのか注目したい。」

K「ああ。それに週明けの日本株どうなるのか注目だな。クレディスイスの先物売り続くかどうかも注目だ。」

H「そうだな。すぐに落ち着けば問題はないんだが・・。とにかく注目だな。」
2010.4.16先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。