(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4.2【米国株高と円安進行を背景に続伸】

2010/04/02 11:30|未分類CM:0
やたらCME強かったんだが
その割に寄り低いし
現物も昨日ほどじゃないけど微妙

今日の持ち越しで
商品系とハイテク系とあとついでに船持ってたんだけど
JXが結構なGUして
その後の上昇してくれた
商社は昨日やたらと弱かったんでさっさと利確
郵船寄りで利確しちゃったらめちゃんこ強い

場中は大阪チタニウムとかエルピーダとかJXとかで利確
他はとんとん
上がってもすぐ買値に戻ってきやがる
第一生命、IPOで貰ったのは利確しちゃったんだが
そのあと一回も触ってない
久しぶりにIPO見たら入りづれえ

後場
第一生命垂れちゃったね

昼休みスマートグリッド関連銘柄
明電舎を買おうと思ってたのに忘れた
4月半ばの投信設定に向けて注目かも

雇用統計警戒してるのか
後場微妙な銘柄も多かった
今の状況なら
雇用統計が悪かったら早期の金融引き締め懸念後退ととられ
良かったら景気回復ととられたり
ただNY休みだから為替で判断なのかな?


[株式オープニングコメント]
いったんは達成感もショート戦略は避けるところ
 1日のNY市場の上昇、これを受けたシカゴ先物の強い動きを背景に、東京市場も
買い優勢のスタートとなろう。ただし、ボリンジャーバンドのプラス2σは11300円、
週足は11338円、月足は11312円である。シカゴ先物(円建て11355円)にさや寄せす
るようだと、テクニカル的にはいったんは達成感が強まりやすいところである。ま
た、週末要因、米雇用統計を見極めたいとするムードもあって、全体としては利益確
定の流れも強まりやすいところであろう。そのため、先高観の強い状態が続くとみら
れるが、買い一巡後はこう着感が強まり、引けにかけては利益確定の流れが次第に強
まることも意識しておきたい。そのため指数連動性からコア銘柄などは手掛けづらく
なり、物色としては個人投資家好みの材料株やテーマ銘柄への物色が中心になりそう
である。テーマとしては引き続き、「iPad」、「3D」、「LED」、「スマートグリッ
ド」辺りを注目したい。とはいえ、あくまでもテクニカル面での過熱・達成感であ
り、需給関係は良好である。ショート戦略は避けるところである。
 また、第一生命の株価動向への注目が集まりやすい。外資系による強気でのカバレ
ッジが観測されているほか、FTSE指数への組み入れに伴う買い需要も手掛かりとなろ
う。さらに15日にはMSCIに組み入れられるため(買い需要発生は14日終値)、この第
一生命の順調な株価形成を受けて、短期資金による値幅取り狙いの商いが活発化しよ
う。
 なお、1日のNY市場はダウ平均は70.44ドル高の10927.07、ナスダックは4.62ポイ
ント高の2402.58。シカゴ225先物清算値はドル建てが大証比160円高の11390円、円建
ては同125円高の11355円。ADRの日本株はトヨタ、NTTドコモ、ホンダ、キヤノ
ン、三菱商、デンソー、京セラ、日電産など対東証比較(1ドル93.86円換算)で全般
堅調だった。2日はグッドフライデーで米国株式相場は休場となるが、雇用統計の発
表が予定されている。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・NYダウ反発、1年半ぶり高値
・米ISM製造業景況感指数、5年8ヶ月ぶり高水準
・半導体株SOX指数、小幅反発
・NY金相場、続伸
・LMEニッケル先物、6日続伸
・3月第4週の外国人、買い越し継続
・トヨタ、米3月新車販売が急回復

弱気材料
・DRAMスポット、4日続落
・バルチック海運指数、反落
・東証REIT指数、5日ぶり反落
・東証1部騰落レシオ149.55%、98年来高水準
・外為持会の為替差損24兆円

留意事項
・「ペイオフ引き上げ」、政府内で再浮上
・M&A減少に歯止め、09年度下期
・NYドル円相場(93円85銭-87銭)
・ユーロ円相場(127円49銭-53銭)
・欧州株まちまち
・NY原油先物、4日続伸(1バレル=84.87ドル)
・NY債券市場、3日ぶり反落(10年債利回り0.039%上昇)
・長期金利、低下(10年債利回り1.355%)
・3月マネタリーベース
・米3月雇用統計
・米、グッドフライデーのため休場
・英、独、仏5日まで休場
・香港、6日まで休場


[サポート&レジスタンス]
終値           11244
5日移動平均       11083
レジスタンス(2)    11366
レジスタンス(1)    11305
標準偏差+2σ      11302
ピボット         11212
サポート(1)      11151
サポート(2)      11057
転換線          11020
基準線          10679
25日移動平均      10650
先行スパンB       10408
先行スパンA       10304
100日移動平均     10288
200日移動平均     10177
標準偏差-2σ       9998

[ランチタイムコメント]
ショートが積み上がりやすい上昇相場
 日経平均は続伸。50.04円高の11294.44円(出来高概算10億8000万株)で前場の取
引を終えた。1日のNY市場の上昇、これを受けたシカゴ先物の強い動きを背景に、
買い優勢のスタートとなった。その後は過熱警戒から利益確定の流れが強まり、日経
平均は一時マイナスに転じる場面もみられた。しかし、好需給関係が続くなか下値の
堅さは意識されており、前引けにかけてじり高基調となった。上場2日目の第一生命
が、インデックスイベントに伴う思惑もあって短期資金が集中する格好から強い動き
をみせていることも、投資家心理を強める要因につながっている。東証1部の騰落銘
柄は、値上り779に対して値下り729、変わらず167と、高安まちまち。規模別指数で
は大型、中型、小型株指数ともにプラスであるが、大型株指数の上昇が目立ってい
る。
 テクニカル面での過熱感が警戒されるほか、週末要因、米雇用統計を見極めたいと
のムードがあるが、基本的にはこの警戒要因によってロングに傾きづらい需給関係が
続いており、結果、上昇基調を強めている。個別でも高値警戒から新規売りが増える
ものの、下げが限定的であるため結局はその後のショートカバーにつながっているよ
うである。そのため、全体としてはこう着を強めるとみられるが、好需給銘柄につい
てはショートカバーを狙った思惑的な資金が向かいやすいであろう。また、第一生命
については、インデックスイベントを先取りした値幅取りが続くことになりそうだ。
強い動きをみせているが、あくまでも短期的な回転売買であり、上昇の割には大きく
ロングに傾くような需給にはなりにくいであろう。そのほか、週末の米国でのアップ
ル「iPad」発売、後場半ば辺りにはシャープの「3D」技術発表が予定されている。4
月半ばには「スマートグリッド」の投信設定も控えており、第一生命上場による市場
活性化を背景に、各テーマ銘柄への物色も続きそうだ。

[クロージング]
米国株高と円安進行を背景に続伸
4月2日の日経平均株価は続伸。米国株高と円安進行を受けて買いが先行した。米雇用
統計の発表を控えた週末とあって、買い一巡後は利益確定売りに押されて下げに転じ
る場面もあった。しかし、前日に新規上場した第一生命<8750>がボリュームを伴って
堅調に推移したことが投資家心理の好転を誘い、前引けにかけては一時11300円超ま
で切り返した。後場は手控えムードが強まったものの、押し目買い意欲の高まりを背
景に、その後の上げ幅の縮小は限定的となった。大引け概算の日経平均株価は前日比
41.69円高の11286.09円。東証1部市場の売買高は21億0416万株、売買代金は1兆
5739.14億円。騰落銘柄数は値上がり805、値下がり708、変わらず162。業種別では石
油・石炭、輸送用機器、非鉄金属などが上昇。一方、倉庫・運輸、食料品などが小幅
下落。個別ではJX<5020>、第一生命<8750>、東芝<6502>などが上昇。一方、クラリオ
ン<6796>、武田薬<4502>などは軟調。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均11286.09 +41.69
TOPIX989.39 +4.13
東証2部指数2227.44 +2.20
日経ジャスダック平均1276.66 +0.52
マザーズ指数459.92 +4.75
ヘラクレス指数637.42 +3.47
東証1部売買代金1兆5739億円
東証1部出来高21.04億株
東証1部騰落レシオ149.68%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は反発。ISM製造業景気指数が予想以上に上ブレとなり高水準と
なったことから、景気敏感株中心に買われた。連休前と言うこともあり手仕舞
う動きが上値を抑えたが、それでも主要指数はしっかりとプラスで引けている。
為替は円安進行して返ってきており日経平均堅調に始まる。寄り後は利食いに
押されるも、売り一巡後はしっかりと買われて行く展開に。後場は手掛かり感
から方向感乏しい揉み合い。大した動き無く大引けまで狭いレンジでの揉み合
い続いた。日経先物の主な買い越し証券は大和、ゴールドマン、野村、クレデ
ィスイス、マネックス、安藤。売り越しはシティG、ドイツ、モルガンS、みず
ほ、ニューエッジ、BNPパリバ、UBSなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
5208有沢製作所 756円 +88
大幅高で年初来高値を更新。今朝の日経MJで3D映像商戦が幕開けと題した記事
が掲載されており、3D関連株の同社株に刺激になっている模様。また本日午後
にはシャープが中小型液晶の3D技術を発表する予定であり、思惑買いにも繋が
っていたようだ。ただ他の3D関連株は動き鈍かったことから、ディーラー辺り
が3D関連の出遅れ的な理由で仕掛けてきたのではとの噂も・・・。明日以降続
くようだと面白いと期待する市場筋も多いようだ。3D関連では4239ポラテクノ
もしっかりとなっている。

2766日本風力開発 250000円 -13100
連日の大幅安。引き続き大和のレポートが嫌気されているようだ。大和は新規4、
妥当株価19万円と指摘したレポートを先日出しており、好材料出た翌日から売
り込まれている。ほぼ材料発表前の株価水準まで戻した格好であり、窓埋め完
了はリバウンドのきっかけになるのではと見る向きも・・・。大和の弱気なレ
ポートには先日の好材料が基本的に織り込まれていないことから、ある意味買
い場ではと見る向きも少なくない。ただ上値にはシコリも結構残した格好だけ
に慌てて拾う必要もないのではと冷静な声も・・・。

3853インフォテリア 95400円 +15000
ストップ高で年初来高値に肉薄。昨日同社はiPhoneなど向けコンテンツ配信
サービス「Handbook」のアンドロイド端末対応を発表しており材料視されてい
る。最近はアンドロイド搭載のスマーートフォンも多く出されており業績への
期待が強まったようだ。また同社はアップルのiPad向けのアプリケーションの
開発を行う予定だけに、iPad関連株としても以前から注目されている。iPad発
売が明日に迫っているだけに、改めて関連株として意識され買われた面もある
ようだ。非常に癖の悪い動きをする銘柄ながら、ようやく大台が見えてきたと、
来週も期待する声も多い。

5020 JXHD 523円 +58
大幅上昇。新日本石油と新日鉱HDの統合で誕生した企業。昨日、新規上場して
いる。新日石株や新日鉱HD株は先週末までで売買終了となり今週月~水まで空
白期間だった。その間、全体的にしっかりだった事から出遅れ感もあったよう
だ。また今日はUBS、野村が同社株を新規強気でカバレッジ開始しており、そ
れも追い風になっている。ディーラー参加しやすい銘柄なだけに、短期資金も
かなり入っていたようだ。また昨日には空売りも多く入っていたことから踏み
上げ的な動きも加わっていた様子。

8750第一生命 162500円 +2500
連日の大商い。全市場で売買代金断トツトップとなっている。今日の同社株の
売買代金は1785億円となっており全体の約1割以上も占める状況。ほぼ全員参
加的な物色となっている。朝から堅調に買い集め、前場上値は168800円まであ
ったものの、後場は手仕舞い売りが優勢の展開。今日の引け値基準でFTSE指数
への組み入れがあったことから、大引けにかけてはその思惑から再び急騰。し
かしひけにかけ利食いに押され結局今日の安値水準で引けている。今後、MSCI
やTOPIXなどの組み入れもあり、配当権利取りも控えていることから、押せば
買い手はまだまだ多いと・・。ただ上値にシコリを残した格好だけに、目先は
取りあえず初値の16万円維持出来るかが注目される。

===============
◆◇4/5(月)の主な予定!◇◆
===============
メディアクリエイト、トーセイ、カッパクリエイトなど決算発表
上海、香港、英国市場など休場
米2月中古住宅販売保留(23:00)
米3月ISM非製造業景気指数(23:00)
[動いた株・出来た株]

*丸栄<8245> 136 +13
年初からの上値抵抗線を突破で値幅取り妙味も。

*北川鉄工<6317> 161 +15
信用売り残などは急速に膨らんでおり、買い戻し期待も。

*Eアクセス<9427> 74700 +6000
傘下会社の完全子会社化に伴う交換比率の変更など材料視へ。

*チタン工<4098> 267 +21
リチウム電池部材の開発などを再度評価し直す展開に。

*ユニデン<6815> 298 +22
円安を手掛かりに上昇、買戻し圧力も強まるか。

*出光興産<5019> 7560 +420
三井化学との千葉のエチレン装置運営統合を好材料視も。

*クボテック<7709> 28260 -1190
前日から東証では日々公表銘柄に指定。

*エディオン<2730> 939 -29
家電量販店、都心で消耗戦激化などと伝わっている。

*上組<9364> 741 -21
連日で強い動き目立ったが、目先の買戻し一巡感も。



(前場)
*イマージュ<9947> 332 +70
業績予想上方修正、特別利益計上もあり最終益は5億円から13.1億円に。

*ダイエー<8263> 474 +74
メリルでは投資判断を「アンダーP」から「買い」に一気に2段階格上げ。

*ラサ工業<4022> 115 +13
再度普天間関連としての思惑買いの動きにも。

*JX HLDG<5020> 512 +47
UBSや野村が相次いで投資判断を新規に買い推奨としている。

*有沢製作所<5208> 718 +50
3D関連としてシャープの技術発表などを思惑材料視も。

*西松建設<1820> 134 +9
大和では投資判断を「3」から「2」格上げでインパクト。

*アシックス<7936> 986 +58
欧州向けの売上構成比高く、ユーロ高の動きを好感する。

*GMOペイメント<3769> 144000 +8000
前日に続いて、電子マネー関連として物色される展開に。

*東光<6801> 166 +9
12年度をメドにコイルの生産を5割増にするとの報道で。

*アンリツ<6754> 413 +22
前日には北米事業の下半期収益回復報道が伝わっており。

*紀陽HLDG<8415> 133 +7
特に材料は観測されず、安値期日接近ではあるが。

*日本電産サンキョー<7757> 876 +46
みずほでは投資判断を新規に「アウトP」、目標株価を1200円とする。

*日本鋳鉄管<5612> 153 +8
上昇トレンド上放れ、割安感などに関心向かうか。

*津田駒工業<6217> 176 +9
前日に発表された中国PMIなどで安心感も。

*酒井重工業<6358> 162 +8
新興国の道路整備需要拡大期待なども反映か、短期資金向かう展開に。

*ベスト電器<8175> 244 +12
家電量販店には薄型テレビの駆け込み需要効果期待で。

*鬼怒川ゴム<5196> 389 +18
低位材料株の一角では押し目買いの動きなどもみられ。

*第一生命保険<8750> 167700 +7700
前日好発進、機関投資家の資金流入本格化期待など需給妙味強める。

*東京建物<8804> 359 +16
不動産セクター内での出遅れ感など埋める動きにも。

*レオパレス21<8848> 521 +23
仲介店舗FCを展開、来年度内250店に拡大と伝わる。

*昭和シェル石油<5002> 666 +29
JXHDの活況などから連想感なども高まる展開に。

*大阪チタ<5726> 4065 +175
前日にはGSが東邦チタの目標株価引き上げも。

*日立建機<6305> 2312 +86
インド合弁会社子会社化による収益押し上げ期待で。

*エルピーダ<6665> 1970 +70
再度1月高値水準上回り、ファンドのショートカバー圧力も強まる。

*常陽銀行<8333> 387 -28
株式の売出を発表で短期的な需給波乱を警戒も。

*栗本鉄工所<5602> 170 -10
引き続き、信用取引規制強化の流れを警戒視で。

*シスプロカテナ<2317> 66700 -2800
カテナとの統合会社上場に伴う出尽くし感なども。

*河合楽器<7952> 194 -7
一昨日からの見切売り優勢の流れが止まらず。

*西日本シティ銀行<8327> 264 -8
常陽銀行の売出受けて、地銀株には持ち合い解消売り懸念なども。

*Paltac<8283> 1752 -52
第一生命の上場で一段と資金離散も懸念され。

*FCC<7296> 1832 -53
2月前半の高値接近場面では戻り売り圧力も。

*三陽商会<8011> 339 -9
一昨日からは利食い売りが優勢の状況となっており。

*東京計器<7721> 158 -4
前月中旬の株価急騰の反動安が続く格好。

*ショーワ<7274> 727 -18
前日には三菱UFJが新規「1」格付けも伸び悩む展開で。

*東洋水産<2875> 2310 -56
2月以降の安値水準割り込んで下値不安など台頭へ。

*ユニプレス<5949> 1310 -31
上値の重さ嫌気、米自動車販売台数発表で出尽くし感も。

*東芝<6502> 505 +18
超微細メモリー量産報道や大和の格上げを受けて。

*日立製<6501> 376 +8
中旬に設定予定の投信組み入れなどに対する期待感も。

*クラリオン<6796> 218 -3
前日は下げ渋ったが、過熱警戒感からの見切売り優勢。

*三菱UFJ<8306> 490 +6
景気回復期待など一段と強まり、米金融株は堅調な動きで。

*富士電機<6504> 281 +9
引き続き、スマートグリッド関連としてのテーマ性や足元の業績改善評価。

*野村HLDG<8604> 697 +8
第一生命の順調なスタートを材料視する動きにも。

*マツダ<7261> 272 +7
欧州向けの構成比高く、ユーロ高を評価する流れも。

*新日本製鉄<5401> 370 -2
高炉改修などに1000億円を投資と発表も。

*日本郵船<9101> 385 +11
商船三井の中期計画発表以降は海運株に見直しも。

*黒崎播磨<5352> 382 +7
前日に売り込まれた材料株の一角には押し目買いも。

*太平洋セメ<5233> 132 -3
業界挙げての過剰設備削減の動きなど評価で上昇してきたが。

*シャープ<6753> 1209 +32
本日、中小型液晶の3D技術を発表とも。

*日産自動車<7201> 819 +6
3月の米国販売台数は前年同月比で43%増と好調で。

*トヨタ<7203> 3765 +45
3月の米国販売台数は前年比4割増と3ヶ月ぶりにプラス転換。

*三井物産<8031> 1624 +25
商品市況の先高期待なども総合商社には反映される。

*ホンダ<7267> 3340 +50
為替の円安や順調な3月の米国販売を好感で。

*ファストリ<9983> 16670 -20
本日の月次発表を控えて手控えムードも強まる形に。

*住友電工<5802> 1196 +24
今期の営業利益は最大1200億円に達する見通しの一部報道も。

*花王<4452> 2413 -7
野村では投資判断を「1」から「2」に格下げしている。

*エルナー<6972> 116 +10
先月30日に発表した強気の経営計画をはやす動きに。

*山喜<3598> 243 +49
前日に引き続き、丸紅との販売提携を評価の動き。

*ジャストシステム<4686> 325カ
前期業績予想の大幅上方修正がポジティブサプライズに。

*アルチザ<6778> 39700 +4000
米社との販売代理店契約締結を好感。

*アエリア<3758> 93900 +10200
韓国社とオンラインゲームタイトルの独占配信権について契約締結。

*ダヴィンチ<4314> 2135ウ
債務超過による上場廃止の猶予期間入りを引き続き悪材料視。

*インスペック<6656> 37900カ +7000
東証は時価総額基準に係る猶予期間を解除。

*インフォテリア<3853> 90800 +10400
「iPad」の発売を控えテーマ性を蒸し返す動きとも。

*コスモ・バイオ<3386> 68000 +6000
米社と独占販売代理店契約を締結したと発表を引き続き材料視。

*テラ<2191> 1090 +92
バイオ関連には見直しの動きが目立っている。

*ウェブマネー<2167> 201000 -5000
いちよしからポジティブなレポートも、連日の高値更新で利益確定売り先行。

*ASJ<2351> 52100 +7050
「iPhone」関連としての位置付けであり、調整一巡感から再動意。

*第一精工<6640> 3125 +55
株式新聞で採り上げられたことを材料視とも。
4月2日(金)

H「週末の日経平均はしっかりと続伸して終了となった。昨日大きく上げただけに反動安の懸念もあったんだが、朝方多少マイナスとなる場面あったくらいで、後は終始しっかりの展開だったな。」

K「ああ。今晩は欧米市場など海外市場休場多く、更に雇用統計を控えているだけに、手控え感も強いんだが、商いはそこそこあったし、閑散相場と言う状況でもなかったな。」

H「そうだな。ただ全体の売買代金の1割程度が8750第一生命の売買ってどうよ・・。」

K「今日も第一生命株は大商いだったな。しかも終始初値以上での推移で堅調だった。ただ第一生命を除いても閑散相場という状況でもなく、買い気はやっぱり強まっているといえるだろう。」

H「そうだな。まあ商い増加してくるようだと警戒も必要だが、まだそこまで膨らんでいないからな。良い具合に徐々に増えてきたと言う感じだ。」

K「ああ。まだまだ買っていない向き多いだけに、潜在的な買い手が多いといえるだろう。先週の投資主体別売買動向をみても買っているのは外国人が中心で、個人投資家はまだ売り越し続けている。ただその売り越しは潜在的な買い手になるだけに、下値では個人投資家の買いが相場を支えそうだ。」

H「ただ押し目待ちに押し目無しって事も多いし、このまま強い相場続くようだと、多くの投資家が持たざるリスクを感じてくるだろうな。そうなると押し目なんて待っていられなくなり、上値を買い向かいに来る事が多い。」

K「それで上げ足早めて、取りあえずのピークとなるというパターンだな。まだその状況には無いだけに、調整無しで更に上値取ってきても不思議はない。」

H「ただ第一生命どうよ・・・今日の引け方。あまり良くないし、結構なシコリ残ってしまったんじゃないのか・・・。」

K「まあ問題ないだろう。シコリはあるが、まだまだ買わなくてはいけない機関投資家などは多い。今後はMSCIへの組み入れもあるしTOPIXへの組み入れもある。日柄あることから即上値を買い上がる必要は無いものの、下値を支える事にはなるだろう。それに今日は短期資金かなり多いと思われ、言うほどシコリも残っていない可能性はあるだろうな。まあシコリあるとすれば今日の寄り値付近か・・・。」

H「問題は昨日の初値の16万円を割り込んだときだな。それを割ってその下で推移する展開になると、上場後買った人の多くが含み損となる事から、市場心理の悪化に繋がるのではという警戒もある。」

K「そうだな。それだけに何とか初値は維持させるのではという思惑も浮上しているからな。ただ割り込んでも大きく崩れていかなければ問題はないだろう。それに下げりゃ買い手は続々出てくるしな。取りあえず配当権利取りくらいまでは・・・。」

H「MSCIへの組み入れが15日からと発表されたようだ。ということは前日の終値基準で組み入れられる事になるため、丁度配当の権利落ちとダブるな。」

K「そうだな。それだけにその辺がやはり目処か・・・。ただ今日市場で飛び交っていた20万円説はさすがに厳しそうだけどな。」

H「そもそも、そのような具体的な数字が出てくる時点で、もはや20万円はねえなって見方をする地場者多いけどな。」

K「確かにそれはいえる。それにまともに考えて今日これだけ大商いで活況だったにも関わらず1万円も上げられなかった。それだけ大型株だからなんだが、それ考えれば20万円って結構遠い。」

H「まあ短期でというのは確かに難しいかもな。コツコツと下値を切り上げていきって感じだろう・・行くとしても。」

K「恐らく同社株の商いは今日がピークとなる可能性があるからな。来週もこれほどの商い続けられないだろう。幾ら機関投資家の買いが継続的に入ると言っても・・。」

H「だな。それだけに値動きはもっと小さくなっていくと言うことになるからな。」

K「ただ期待があるとすれば、日が経つにつれ実質的な浮動株が減ってくると言うことだな。機関投資家やファンドなど組み入れのために買い付けた分は即売っては来ないからな。それに個人投資家だって中には中長期で保有するつもりで買っている人だって居るだろう。それだけに徐々に市場に売りに出される株は減ってくる。」

H「そうだな。それにより値動きが軽くなるようなら良いけどな。」

K「とにかくこれだけ注目されている銘柄なだけに、来週も目が離せない。注目しておきたい。」

H「ああ。日経平均も来週堅調続くようなら良いけどな。」

K「テクニカル的な過熱感は高まっているけどな。今に始まったことでもないし、その内過熱感高いことに市場も慣れてくる。まあそうなったときこそ、警戒するべき何だが・・。」

H「ところで来週はSQ週だな。それだけに動きにくさも出てくるが、新年度相場入りしたばかりだし、実需の買いが増えてくるようだと面白い。」

K「取りあえず今晩の米雇用統計無事に通過できるか注目だろう。米国市場は休場だけどな。予測通りの数字で収まれば問題はないんだが。」

H「そうだな。派手に上ブレても派手に下ブレても問題だからな。下ブレは当然雇用改善していないと言うことから先行き懸念強まるし、上ブレれば早期利上げ懸念浮上しても不思議ない。」

K「ああ。まあ派手に下ブレるよりは派手に上ブレる方が全然マシだけどな。とにかくどういう数字となるのか注目したい。またそれによって為替市場がどう反応するかも重要だ。」

H「そうだな。期待したいモンだ。」
2010.4.2先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。